ピアノ工房ピアピット
0120-311-054

リッチトーンピアノ ピアノオーバーホール 

ナベサンが見てきたリッチトーンこれなかなかありそうでないピアノ、
まえパネルには手彫りの花の絵がある 昭和レトロなピアノでもある昔はこのように飾りをあしらったピアノが
メーカーでも出ていたがこれまた職人の世界掘る人間を育てなければそれで終わる。

ピアノ短駒つくり終了

ダンパーレバークロス交換

ダンパーレバーっスプリングフレンジ交換作業

ピアノ駒ピン打ち込み

フレーム洗浄

事前に測定していた弦圧調整削り

カンナがけ

無垢の短駒を加工していく 厚さピン位置を確実に正確にあけないと
音にも影響してくるところ 

写し取った駒のピン位置を当てしるしを作る

象牙用白膠湯せん

新品駒が届いた~~~

一時HPが見れなくなっていた~~サーバーが壊れた為に
もう一度ファイルをサーバーに上げるのに手間取っていた
28万ファイルw送信!これがまる3日を要することに・・・・・・

刃物は常に切れるように砥石で研ぐ

ティーパーになっているスプルスをたたき接着剤の水分によって膨らむことを利用して圧着
あらかじめティーパーの割れ溝を作り直しておいた割れに埋め込んでいく

スプルスを使います

この共鳴板は心臓部
駒関係は音を伝える動脈
非常に大切なところです

駒修理~~取り外していきます

共鳴板の割れ修理

弦の番手を測定

なんとか棚板~足を取り外せた

ナベサンの好きなフギュア系

赤いシミは象牙を侵食し象牙がグニャグニャに。中古象牙があるのでそれを貼り直したい

象牙漂白

象牙赤いシミは取れないのでジョイント部分から中古象牙移植します

けん盤蓋表面光る

ピアノ本体は磨きこんだある程度艶が復活している

天屋根も磨き保護のためにシートを張りこむ

底板分解まずはペダル窓の状態をみる

なかなか手ごわそうな外装磨き ケンタ渾身の磨き

磨きのプロ健太君サーフィンもプロ

ピアノ中身は修理として外装をどれだけまず復活するのか

部品を取り外すと取り付けてあるセンターレール側のフレンジガイド部が破損している

弦圧を測定して駒の加工

鍵盤もキレイにクリーニング

ヒッチピンの抜きから

共鳴板割れ埋め木

プレッシャーバーネジ折れの折れた。残骸のビス抜き

共鳴板割れ発性想定していた通り~~

駒割れ部分つくり直し

艶のない下前パネル

相当に古いモデルでもあり少し前今でもそうだが処分対象のピアノになっていることも事実だ。輸出しようにも象牙でもあるので輸出はできない

レバークロスにも穴が開いている、

駒を取り付けるときに共鳴板向こう側ねじ止め(木)でしなければならず
共鳴板穴をあけて作業その穴を埋める

キャプスタンボタンの抜き取り

フレームボルトの磨き

フレーム古いピンブッシュを抜いていきます

こういう作業は自宅では到底できない世界。この世界が出来上がるまで
たくさんたくさんある。オーバーホール弦を張りかえてハンマーを取り付けて
という作業ではないm根本的なところを直さない限りそのピアノは永久的に
苦しむことになるのだ

ピアノを寝かして外装の分解ビスはほとんどさび付いてしまっています

やはり駒割れが発生している、

ナイスペダル

まるで艶がなかった腕木も艶がベカッといい感じに渋く光る

カシュウ仕上げ無理時に深くバフを当て込むとすぐにしたじがでてしまうんですよ~~~

まるで艶のない外装
はたして・・・・

外装磨きから始めたいところだ

この赤い象牙についてしまった色が気になるある程度漂白できるかも

、メーカーは治らない!買い替えですと言わなければならないところもわかる気がするが・・・

新品のウィッペン特注 ピアノはどんなメーカーでも部品を作ってくれる工場が
浜松にあるので安心です

あの象牙奥の赤い部分の象牙貼り替え

ペダル分解まずは磨き~~ぴかぴかにペダル真鍮

ピアノ底板分解~~~ペダルもヨーロッパ仕様に実に手の込んだつくりだ

修理に戻る

皆お金をはらって処分、実にもったいない話でもある
ピアノが治るという話は最近までタブーな世界だった