ヤマハNO200ピアノオーバーホール(神奈川県K小学校)

タイトボンド
このグリーンラベルの物は湿気に強い

NO200ピアノ、一つの小学校から出てきたピアノ。昭和23年どれだけの卒業生がこのピアノで卒業していったのか
同じ校歌を何百回いや何千回弾いたピアノだろうか。卒業生の思い出が全てつまったピアノ
今は音が出ないがオーバーホールを施すことによりもう一度校歌がこのピアノで聞くことができそうだ

接着できたらすべてのビスを取ります。今度はそのビス穴を少し広げて
木の心棒を入れて木と木を癒合させます、木に対して金属は音の響きに影響が出るためにビスは取り除きウッドサウンド棒を埋め込み同化させます

響棒共鳴板接着が終了したら共鳴板割れ埋め
割れをティーパーに削りスプルスを埋め込む。この時の方法は実に細かいやり方の集合体でもあり
ただ埋めればいいというものではない、秘策は昔ながらの木と木の性質を使いボンド水分を使い接着

ピン板を痛めないようにゆっくりとチューニングピンを抜いていきます

ハンマーアクションこれ一度交換されている、ナベサンが見た時にヤマハの純正がついていない事をすぐに分かった

ぴあの心臓部の再生作業ですねここは。ビス止めの跡も見れますね。そこ下には響棒があります

恐ろしく古いぴあのだな~~
直るのかな?不安げな栄治くん
パネル磨き職人

まず外装はこれ年数と歴史を感じさせる
実にすごい貫禄を持つピアノ
色はげも1個1個傷が歴史にあり
これはそのままに

中味をもう一度直して再生

まずは共鳴板の状態がひどい
響棒と共鳴板が剥がれその共鳴板も割れている、ということはピアノの心臓部が
確実に壊れている。


もう一度ドクッと脈打つ心臓に復元
人間の場合はそうはいきませんね~~
ぴあの楽器ならでは、朽ちても再生できる
本気で直せば必ず甦ります。

いつ交換されたのかわからないがそれでも今はまるでならない。
共鳴板も剥がれ割れている、通常ピアノとしては等に寿命まっとうの世界
再生できるピアノ、やや不安もありながらもう一度校歌を聞こう

ピアピットでも聞いてみたい~~~~やる気が出る
全ての卒業生に聞いてもらいたい

修理ページに戻る

これで今度は表面を削り落とします

棒を埋め込んだら面一に切り落として終了

ピアノフレーム

先ず響棒と共鳴板の接着。ドリルで穴をあけて響棒と共鳴板を接着するためにまず金属ビスで止めるのだ
修理見てくれは悪いが方法としてこれしかないのだ

弦はミュージックワイアーというんですがすでに針金状態に劣化~~~

板割れもひどいので弦圧は測れないそのために弦ピン関係の取り外し、ゆっくりとピアノの張力を緩めていきます

アクションの取り外し鍵盤も取り外してピアノを寝かす
底板の取り外し分解

外装パネルはできるだけキズがつかぬように最初から保護 そのまま2Fへ保管