ヤマハC3グランドピアノオーバーホール

ヤマハC3入荷まず驚いたのは弦は全てボン線、ボンボンいうだけで鳴らない、調べてみるとラストリムーバーもしくは油オイルを全体的に塗られている、巻線にしみこみ演奏上まるで鳴らないピアノなのだ
之では弾くに弾けないピアノになっている、汚れでも落とすために使ったのだろうか?

共鳴板割れ修理
開始

ここは心臓部しかとみておきたいところだ
見逃すのは弦を張りこんだ状態だと弦圧で抑え込まれているのでわからないが
弦を取り外してフレームを降ろしていくと
ポカーンと割れが口を開く

それをわれわれは日々埋めている

この当時のGPヤマハはカマチ縁部分にラックニスが塗りこまれている
当時はそれで問題はなかったが年数がたつと割れて崩れる
それがピアノ演奏時雑音となるケースが続出して今は塗りこまれていない
ここでシッカリとっておく必要がある

なぜラックニスを塗ったか当時
上から見るとふちが白く見えるのがよくないということで塗ったらしい
ヤマハ関係者からナベサンが昔聞いたらしい

芯線にも油がべっとりと究極はチューニングピンホールにしみこみ調律が不能状態に陥ってしまっている。これでは到底演奏も出来ない

指をさしているところが共鳴板その下の板も
剥がれ浮き上がる

C3フレーム

共鳴板状態からピン板までチェック

最高のコンデション迄直してお届けしたいC3
これから細部にわたり作業公開していきますのでどうぞ見ていてくださいませ

チューニングハンマーを差し込むとたちまち緩むハンマーが飛ぶのかと思った。ピンホールまで油が染み渡っているようだ、要チェック

弦張力を徐々に緩めていきます

この時点で普通はピアノとして終了状態、クリーニングしたのか(かなりずさんな作業)または
之をお求めになったのか、GPを解っていない作業内容に愕然とした。

共鳴板のニスはがし作業これは相当なにおい
たまらず外作業はあたりまえ~~

さあ全部調べてから完璧な作業を施すべく大平君に。

譜面台の剥げもなおして置きたいところだ 共鳴板もやや亀裂のような怪しいところあり
それもこれもすべて作業内容に組み込まれているので安心してください

修理に戻る

少し雪も解けた

ラックニス削除

ここも接着はがれこういうところは雑音の原因となる所

共鳴板怪しい線が・・・・割れている可能性あり

けん盤木口等も変色変形            フレームを降ろす

共鳴板ニスの下からきれいな
ムクイタが現れる

完全に劣化した共鳴板ニス