ピアピットHPへ

ピアノクリーニング修理 草加市O様ヤマハU1H

ヤマハU1Hモデル、極々普通の状態かな〜〜と思いきや中身を見ると虫くい〜かびも発生
すぐに作業に取り掛かる、先ず分解していく〜ヒンジも相当にさび付いている

アクションからくり部分につくフレンジコードだヤマハは全てこのコード交換が必要なのだ
覗き込んでもアクションの陰に隠れて見えないところの部品、しかしこの部品ハンマーが飛び出て打弦した後素早く引き戻す重要な役割を果たす
この部品が切れると連打性は一気に落ち込む 30年に一度の交換で済むところなので今回しっかりと交換ておきたい
もともと白いコードが長年の変色で茶色く変色材質は絹糸の網込みだ、絹糸は変色してしまうボロボロに千切れてしまう
カワイ他メーカーはポリのコードが組み込まれているそれは切れることはない
なぜここに絹糸を使うかはしなやかさと雑音防止ということで今でも使われている。完全にタッチ感触を重視した部品だ
消耗するが30年に一度なので絹の方がBEST

そこいたも埃とカビ こういう所に虫が潜む そとでサンディングとクロス類は捨てて新しい物に交換

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
フレンジコード交換20000円
ブライドルテープ交換18000円
けん盤木口交換15000円
アクション総合調整22000円
虫食い修理12000円
運送14000円+14000円=28000円
税込納品時の調整調律含まれます
フィンガードお手入れセット付き

深い傷これは取れないが目立たないようにする

何とかブッシングバランス交換OK

やはり30年以上も経つヤマハU1H
ロングセラーの定番のピアノだ、それなりに完成度は高いピアノだと思う、
弾きこんでいるが、さすがに年数が経つと単なる定期調律だけではすまなくなる
それなりに交換しなければならない所も出てきて当然だろう

先ずはフレンジコードの交換からだ
新品は白い綺麗な弾力のあるコードが取り付けられているが、年数の経過で変色し
切れ始めてしまう、コードに対してスプリングがかけられ30年も貼り続けてきている頑張り屋のコードだ、しかし劣化し切れ始めると
今度は演奏上に大きな影響が及んでくる
連打が出来ない、もともとハンマーの返りをすばやく戻す役割を与えられている

ピアノはどの部品ひとつかけても症状として
現れるので、早めの交換が必要だろう

それほど使い込んでいる感はない、虫の侵入は恐るべし事になっているケースが多い、

再接着

けん盤木口カッティング

ペダル分解磨きクリーニング

けん盤を上げるとクロスパンチング系は虫食い状態ブッシングクロスも虫に食われている

ピアノクリーニング修理、これがこのように各地からどんと届く
各県環境置き場所もさまざま状態からピアピットへ入荷してくる
新品当時から数十年と歴史を刻み込んで入荷、1台とも同じ状態はなく
之がやっていて面白い、南から運ばれてくるピアノは大きく分ければ湿気満載で入ってくるし、北からのピアノは真逆の過乾燥にて運び込まれてくる
ピアノにとっては過酷な道なのだが、子供たちに愛されてやがて受験だの進路が違う方面へと移り変わり、ピアノは段々家の片隅にぽつんと置かれている
と言うところから、それから十年?20年?・・・さあここにきてピアノ復活期に入る
そこで私たちはそのお手伝いとして陰ながら登場〜〜〜
その歴史を感じながら作業できるのも実に楽しい
見て之が面白いのは誰が使っていたかはわからない。。私たちは、でも見た瞬間
男女の区別はつくのと一人で使用していたものなのか二人なのかも判別がつく
一日何十分ぐらい使っていたかも大体見当がつくわけで
ピアノがしっかり歴史を刻み込んでいてくれるのは実に作業する方に取ったらありがたい

ピアノが瞬間よみがえるとき、これはクリーニングを施して整調作業をして調律を始めた時だ、持ち込んできたときよりも音量がぐんと上がる瞬間、、、おおお生き返ったぞ
と毎回思う瞬間はデジタルものでは感じ取ることができない
大きく息を吐くように音量が上がる、この時はやってよかったなああああ
とうれしく思うところだ、まさに生き物、ピアノは生きていると言いますがまさにその瞬間を感じ取れる幸せな仕事だと思っています、。。。。実に地味ですが



クリーニングUに戻る

ピアノ本体かびシミにて向かって左側側面がひどいのだ 徹底した磨きに徹する稲葉君

大きく狂っている整調虫食いの影響と湿気も伴い
状態は悪化している
これら含めてもう一度再調整取り直し作業
やや時間はかかる

ブッシングを貼りかえた鍵盤を本体に戻す、クロスのふくらみとピンの調整をしながら戻していきます

3人でブッシングクロスの取りはずし、熱を加えで部品を取り外してきます

けん盤木口変色とそり、ヒンジ系も全部一度取り外して分解だ

鍵盤ブッシングクロスの張り替えバランス部が特に食われてしまっている

クロスパンチングの虫食い交換です

ボディも段々光始めた

張り替えた鍵盤木口の際のカット

ハンマーパンク寸前!!ここが全部kパンクしたらもう手の施しようもなくなるのだ、今ならセーフ!!と言った感じだ

ハンマーの取り付け

けん盤左右バランスを保つブッシングクロスが虫に食われてない。これでは鍵盤はガタガタになる

変色して反り返っている木口を落としていきます

鍵盤系もカビシミで変色してしまっているバフできれいにつるつるにしたい

ムムムむ、なかなか取れないぞ

ハンマーヘッドフェルトがパンクしかけているために再接着が必要だ

調律師の業界でもいよいよ国家資格導入ということに
今まで日本調律師協会という団体があり試験を受け入会するというほうしきにて数十年、その調律師協会の働きかけにより
やっと国家資格制度にまでこぎつけた、今までだれでも今日から私は調律師で通っていた、大変な勉強をし見事調律師協会の
資格をとっても一般的なところで認知度は低く、お客様が判断するところにまでいたらなかった。
いかがわしい調律師も、怪しい調律師も、調律師協会の調律師も同じ土壌にいたわけだ
ところが今度は実に大きく変化していくだろう、まあいうなれば調律師の仕分けと言う段階にきたわけだ
しっかりと線引きが出来る、当然調律師というなれば国家資格あるべきと言うことになる。
現在すべての調律師は大抵試験を受けていることだ、そのことを知らないということはまずない。
受かる受からないは別として、責任を定義するために必ず受けていることだろう
地道に努力している人間にとっては諸手を上げて賛成だ
それとホール関係などは当然国家資格保持者以外は触らせないということにもなるし、学校関係も同じようになる
一生懸命勉強して日本ピアノ調律師協会の資格を取得しまいにちがんばっている調律師にとってはとてもうれしい
ユーザーもレベルの高い技術を得られると言うわけだ
今度こそユーザーにもこういう制度があることを強く伝えたい
3級2級1級  調律師協会合格レベルは2級以上となる、
建築系と似ているかも大学卒業で2級建築士 国家資格1級はさらに難しくなる
すでに3月半ば現在合否通知が届いている
ナベサンも2級合格やれやれ、もう1級もうけたくないといっている
実技はともかく学科が頭にはいらないらしい???まあ一応合格ということでピアピット受けた人間2級みな合格です

チューニングピン弦関係のクリーニング わずかな錆も見逃さない きれいにクリーニングyしたい

ブライドルカットとフレンジコード交換

アクション修理

アクション内部にも虫侵入mブロアーにて外で吹き飛ばし綺麗にクリーニングしたい、徹底的にやらせていただきます

変色千切れかかっているアクションブライドルテープ、とフレンジコード ここはどのピアノも交換するところにより問題はない

アクション分解〜〜ピアノを寝かして底板の分解 直ちにすべての虫と埃等を削除、したいぞ、細かいところはブロアーにて吹き飛ばせ