カワイK48 ピアノクリーニング&修理   多摩市A様
カワイK48久々の48外装もかなり傷みと打ち傷が多い
今現在のカワイ最高級モデルの原型となったK48.この当時大きい重い、と運送屋さん
泣かせの機種でしたね

分解前のカワイK48
ディズニーランドのガイドブック
96年物がでてきました
クリーニングに戻る
綺麗になったK48の譜面台
細かいクラックより大きめのクラックが親板側面に発生
なぜか部分部分塗料が溶けた跡あり
打ち傷
鍵盤押さえフェルトも虫に食われていてかすが鍵盤に落ちています
ペダル窓クロスも新品に交換されペダルもぴかぴか
外装のバフがけ中心に今日ははじめます
つやが既にあせた外装(ラッカー仕上げ)今はウレタン塗装が中心
側面にも傷と割れあり
ナベサンと木村君はバフがけ
輝きを取り戻し始めたカワイK48なんせ50年以上前の塗料を磨くのです
このようにつやが再生されました
ペダルもほこりにまみれてすごい状態です
ピアノを寝かして底板をはずします
底板のビスもさび付いています
親板下部分は既にはがれてしまっている。
細かい細部にわたって磨きこみを施していきます
趣味のギター
くすんでいるカワイK48の弦とピンこれからクリーニングを施します
芯線にはポツポツとさびが発生
銅線も変色
ぴかぴかになった50年以上の前の弦
綺麗になった芯線
プレッシャーバーも磨きこまれぴかぴかに
虫食い〜〜にやられているフロントパンチングクロス
ダメージが大きい鍵盤ブッシングクロスの虫食い
ブッシングクロス、レンナーカシミヤ(ドイツ製)を使います
クロスではばっちり定評のあるメーカー。レンナー社
鍵盤ブッシングクロスの磨耗、虫食いは相当にダメージがあるのでここは全て交換
鍵盤バフがけ
鍵盤の際汚れ削除
鍵盤上面に付いたつめ傷を削除します
お見積もり金額
ピアノクリーニング65000円
鍵盤ブッシングクロス交換38000円
ハンマースティック修理24000円
調律(長年空き)20000円
バランスパンチングクロス交換8000円
運送22000+18000円
以上
納品後の調整調律も含まれています
この年数になるとどのピアノメーカー関係なくフレンジ系のスティックは出てくる
確実に交換しないと動きの悪い所へさらに湿気が入るとたちまち動かなくなるのだ
カワイK48ハンマーファイリング
ハンマー整形は音色が一発で変わる所だファイルが下手だとそれはもう最悪なピアノライフとなってしまう
ここはただ弦溝を取ればいいという問題のところではないのだ
熟練の技が必要となってくる、新人は捨てるピアノで懸命に剥きかたを覚えてくる、。綺麗な剥きかたは素人でもみればすぐにわかるところだ
下律〜大きく音が狂っている、整調前に何回か
音を上げておきたい、
ここでこの下律を聞いていた周りの衆
高音がショボイ、間抜けな音がする
改善したほうが弾いている人は気持ちいい

というわけで明日やや音色変更予定
カボスの収穫
後藤ちゃんに引き続いて大山さんが担当、さらに細部にわたり整調を続けます
1日変わると別の所の動きが・・・・という風に
いたちごっこの繰り返しをここ1週間やっている
もこもこしたタッチ感触、もこもこした音色
既に一変したピアノになって大山さんご機嫌です
反応の良さは体感できます。
音色はK48ではない別物、いい音に変身
ピアピットのピアノ発表会も無事に終了打ち上げ〜〜