HAUPTMANNピアノ  フルオーバーホール販売用ピアノ象牙黒檀


元は黒いモデルあまりにもいいピアノだったんで直すことに
先ず外装を深いワインのマット仕上げなかなかよく出来上がりました中身もすべて
新品に交換します。一生に一台のピアノを作ります。そのぐらいの気合いが入った逸品です



外装280000円部品代金230000円工賃修理代金220000円=総額730000円税運送別

フレームチェックピアノ本体に載せてピンブッシュ穴あけ

このピアノ出来上がりは今年の秋口の予定ですのんびりといいピアノを製作
大切に使っていただける方を希望します

とにかく愛情込めて作ってますまるで子供のように育てています
時間はかかりますが是非見ていてください
部品がオリジナルと同じもの今浜松で製作してもらっているのでなかなか部品が来ず~2か月ぐらいになるか
急ぎなものではないのでじっと待とう

外装塗装が終了これから中身のオーバーホールになります
全てを新品に交換して新品としてお使いできます
よき時代のいいものをピアピットからお届けいたします
今現在内部アクションパーツを全て浜松で特注中

弦張力を緩めていきます  鍵盤関係はブッシングクロスの全交換

音色の豊かさはあの古い弦を持って感じることができたので音だしが楽しみですね

象牙漂白

ピアノは中古で。ここは一番グレー、手直しされているっものもあれば
何もされていないものもある。買う方はわからない、ここが一番の迷うところかもしれない
その迷いがたとえば30万円と35万円であれば心理的に35万円を選ぶだろう
それは大きな間違いでもあるその違いは30万円の物より少し新しいというだけとか
キズが少ないとかの金額の付け方が主流

かったほうもどうせ子供が使うんだからとか中古だからしょうがない。
とか言わせたくない。一生の宝物を手にするように家族が増えるぞ。という感覚は
是非ともほしい物だ、ピアノは生きていますとよく言われるが
その通りで放置すれば死んでしまうし
よく使えば良く鳴るピアノになる、湿気れば動かず、からりと晴れるとまるで別物のように
鳴る。音と暮らしはじめるというところは精神的にも癒されるところかなり多い
ピアノの役割は相当に人生において大きいと思いますね

飾りといい昭和レトロな感じタップリのハプトマンピアノ
今はこういうデザインとして作るとなるとととてつもない金額になる

弦ピン関係は終了
今度はアクション、中身も全部そう取り替え、それもオリジナル部品同じものを
特注。まさに新品の芸術品になりそうだ

外装新品マット塗装に

展示に戻る

レスロー弦バスげんはデーゲンを使用
最高のパフォーマンスでお届け