ヤマハC3カスタム販売用 フルオーバーホール
                                              ピアピット0120-311-054

グランドC3フルオーバーホール外装もカスタムに
弦レスロー バスデーゲンかヘラー ハンマーアベルかレンナーシャンク等も新品チューニングピンディアマント
共鳴板塗装~フレームカスタム塗装 黒檀象牙鍵盤 サポートアクション新品最高のピアノです

いろいろアイディアは膨らむができるだけ最高の物を注ぎ込みたいし。

出来上がり金額1250000円

ダンパーもアンダーから新品交換

象牙&黒檀

新品のサポート

新品のハンマーヘッドシャンク

象牙、黒檀鍵盤 

アクションつまり運動機能これもすべて新品に交換
エンジンが新品になるということだ

レスローバスげんはデーゲン~最高の弦

ヤマハC3象牙黒檀

象牙黒檀

弦はレスロー&デーゲン

ただ売れればいいというピアノはピアピット出は作らない
時間の無駄でもあり、ピアピットスピリッツは確実に妥協できないのだ
良い物を末永く可愛がっていただきたい
そのためには寝るのも惜しんで作業

中古とは言わせない新品以上のクオリティーで使っていただきたい
調律師のモチベーションも上がるのだ

GPの中古はそれはそれはよく見ないととんでもない物をつかまされてしまうケースが多い
先ず第一にUP以上に使われていることが多い、このC3でも業者から仕入れで買えば45万円(ボロボロでも)
修理ありきの値段なのでここからがスタートというわけだが音が出ていれば売れるとしている販売店では
更に上乗せ70万円~90万円の値段が付いているこれを安いと飛びつく人も多いだろう。
その中には直さなくても使えると思い込む、ここが一番グレーなところでもあり危険が潜むところでもある
まず共鳴板が茶色く変色ベトベトしてたらもうどうしようもないところだハンマーも
削り込み過ぎて小さく変形等あれば避けたほうがいい。
そういうピアノを何度も見てきているのでピアピットはならば新品として使える物を格安でということで修理くりーにんぐ合間を見て作っているが作ると言っても1台1台と限りありなので、
どのくらい違うものなのかを一度わからずしてもいいので見に来てほしい、
一度見たらその感覚を持ち他をみたら意識が大きく変わるところもあるのでぜひ足を運んでもらいたいものだ

楽器を買う意識を高くそして買い替えまいと思う心を持てば安売りで飛びつくようなことはないと思います

チューニングピン、ピンブッシュ すべてを新品に 弦はレスロー&デーゲン

100年は持つ仕様にします

弦枕等も新品に交換

C3フレームの塗装が終わり本体へ

デカルも新品に

このスキンは連打するときに重要な
働きをする

バックチェックの皮も新品に張り替える

共鳴板塗装のために綺麗に研ぎだす。

象牙の漂白作業 

完ぺきなものとしてお届けしたいところもあり フルオーバーホール最高の物を作り上げます

外装本体磨きクリーニング

共鳴板のニスおとし共鳴板研磨、新品のニス塗り直しのために
全てをはぎ落とします

重いフレームが下りたら共鳴板のチェック

既に弦圧等のチェックはしてあるのでサクサクとこなそう

フレームボルトを抜いてから皆でフレームを降ろす

元々の共鳴板の色すらわからないくらい変色

チューニングピンぬきとりこれからブッシュぬきとり

細かいところを言うと共鳴板も少し割れがある修理したい

出来上がりは先だがこの古いC3を見事なレスポンスに替えて大切につかっていただきたい
ピアピット結集したピアノを製作。

黒鍵盤も黒檀に変更

鍵盤のオーバーホール

共鳴板割れ修理 もちろん表裏側からも

C3初期モデル 中身も全部最初からみていただきます
まず、このように大変汚れているのが普通です
使われてもいなく放置状態 弦ピンフレームを降ろして修理

展示に戻る

共鳴板ニスレンナー鏡面仕上げ

水面のごとく

共鳴板ニスレンナーニス鏡面仕上げ