2018年ヤマハGPピアピットカスタムモデル   G3編出来上がり時1370000円運送税別

 

G3piapitカスタム ベースピアノはG3響板状態のいいものをチョイス
弦ピン共鳴板~外装全てに至るまで徹底的にオーバーホールして最高のピアノにし上げます
外装もカスタム塗装一部仕上げたいとお思います

微妙にローズゴールド調で浅くグラディーションを入れてみました
気品ある最高の音色に仕上げます

ベアリングの加工削りだし

ピアノ本体渾身の磨き

ほうじ茶はまる

ピアノ本体にフレーム納める

水面のような共鳴板塗装~~最高の音色が期待できる

ハンマーシャンク交換

ドイツフェルト巻きハンマーフェルトヘッド

フレーム塗装前アグラフの磨き

フレームおろしてフレーム塗装前のサンディング洗浄

フレームを塗るために洗浄

鍵盤バランスキーピン磨き

展示に戻る

G3を完璧なG3にチューンナップ元ピンはもちろん各部部品の交換等完全にフルオーバーホール

フレームを上げてフレーム研ぎ出し

一生使えるピアノに仕上げます作りこみが大切

ダンパー~~関係の磨きワイアーみがき 新品のG3カスタムを作るべく部材料は最高級の物を

ただのオーバーホールではない。一応売り物だが高いうピアノだったらほしい
というコンセプトとふんだんにぜいたくな材料パーツで引き締める
ただ単にG3ではないのだ弦レスロー&デーゲンピンはディアマント等

米爺またまたギターを買う