ヤマハU7象牙総アグラフ オーバーホールを施していきます  兵庫県O様予約
ヤマハU7です、この形はなぜに人気あるのか! 中身も外身も今のスタンダードも出るにはないところ、ということもある
手の込んだアグラフ〜象牙を持たしたピアノは新品ではSU7にしかない、
これは埼玉県所沢にお住まいのオーナーさんから譲っていただいたピアノです
手から手に渡り末永く使っていただけるようにさらにピアピットで手を加えて完璧なU7に仕上げたいと思いますね
象牙も黄ばんで変色しているが漂白すれば元の白い鍵盤に戻ります
U7の復刻版がSU7と説明を受けたひとは大間違いです、コンセプトも昔の時代と今とでは大きく違うので
復刻版と名打つのは違いますね、今買えば245万円もしますよ!それがなんと60万円で7が買えるんです
・・・・・・その説明はまったくの間違いもいいところなのでなんか割安感だわ〜〜と感じてしまうのも間違いです
もっともU7は皇室の紀宮様生誕記念モデルとしてヤマハが売り出した機種、確かにいいものを装備していた機種でもあります。しかし時代の流れでU7は生産ラインから消滅し現在に至ります。でも質素な外装と最高の装備を持たされたU7、40年以上経つ現在でも人気は高いんですね

しかし40年〜以上の劣化は当然出てくるわけで
あちこち傷み~劣化傷 弦ピン等の寿命も当然来ます
それらをすべて交換し新品当時のU7以上のものを作る
感覚で手を加えていきます
晴天・・・しかし外は暑い、鍵盤象牙の漂白にはもってこいの天気だ
しかし暑いのう
ハンマーヘッド〜フレンジまで新品に交換されます
新品のU7用特注ハンマーヘッド
展示に戻る
アグラフなのでハンマー交換は確実に位置が決まっているためにやや交換はしやすい
前オーナーさんもこれからのオーナーさんも是非見ていてくださいませ
最高のU7を作っていく所存でございます〜〜〜〜〜
ハンマーはすでに寿命~交換されます
弦ピン交換作業 弦の張力を緩めていきます
弦をはずして古いチューニングピンブッシュを抜いていきます
40年ぶりに弦圧ゼロの状態になりました、半世紀ぶりのU7休息でございます
共鳴板のニスの劣化によりベトベトしているニスをはがし塗り替えます
フレームの塗装
向こう50年と考えればこういうところもキレイにしておきたいところだ
弦を張り込んでしまったらフレームどころか共鳴板も手が入らないのだ
今しか出来ないところは徹底的に手を加えたいところだ
チューニングピンブッシュ打ち込み
ピンブッシュの穴あけ作業
向こう50年トルクを保持するところだ
安心が保証されるところだ
弦圧がありすぎることがここでわかった
通常は弦圧は少し少し無くなってくるのが定番なのだが、もともと相当に弦あつが掛けられていたのか、少しぐらいであればOKなのだが、出すぎているのは音伸びに大きく影響してくる
弦圧は無くてもだめだし、ありすぎてもだめ、なところ,正確なちょうどいいとされるところにフレームを持っていく必要があるので、まずは弦圧の取り直し作業に戻ることとなる
一度締め上げたフレームボルトをも一度緩める作業に逆戻り〜〜〜まあこういうことは日常茶飯事なのだ
たったこの作業だけでものすごく音量と音色が激変するところU7の持ついいところを最大限に引き出させたいものだ
弦枕の整作
ヤマハU7張弦開始 弦はレスロー(ドイツ製)を張り込みます
手前がU7壁に立てかけてあるのがスタインウエイのアップライトピアノ
美しいレスロー弦の輝き
なべさんやっちまいましたね
2号工房のシャッター塗り替え怪しい雰囲気むんむん
女性陣からは怖い!!!と不評
拾ってきた子猫のハナちゃんで〜〜す
だいぶ大きくなりました
U7独特のペダル窓に付くはかまと呼ばれる部分
オリジナルの色はなべさんが安っぽい色だ、と嫌う
はずしスタインウエイの純正の金粉で塗装。やはり見えるところだし音には関係なくともこだわるピアピット
作業は相当めんどくさい
何より本体に付くはかまをはずすのに一苦労
ただ塗るのではなく本格的な塗装で決めたいですね
2号工房の色の不評などまったく気にしてないなべさん
今度は1700年代のクラヴィコードの響板に天使を描くテンペラが本当なのだけれど
アクリル絵の具を使います。大体の構図が描き終わるとサーフフィンに行ってしまう
ドンだけ自由な人だ!!
クラヴィーコードの響板に天使2マリア様1完成でござんす
手磨きの結晶
U7鍵盤下のクロスパンチング等もすべて新品に交換
古いパンチングクロス
ピアピットHPへ戻る
まさに今レスロー弦張りたてホヤホヤのヤマハU7
よくそのままで売れるよ!、とか言われたりもするが、やはり40年〜もたっているもの、いくらキレイでも
それだけの年数磨耗、劣化は当然のごとく進むわけで、弦だけ取ってみても40年目から使う弦とすべてを総張替えさえれた弦1年目から使うのでは雲泥の差がある、確かにピアノ線はギターと違い寿命は長い、ギターなどは持って4ヶ月だろう、しかし35年〜持った弦はそろそろ確実に寿命が来ているといってもよい
事実新品弦と35年たった弦の響きは顕著に現れる、素人が聞いても解るくらいだ、
ピアノに携わっている人間こそそういうところが気になってしょうがない、職人がたギ、なのだろうか
今日もぼちぼちコーヒーを飲みながら他のピアノ弦がはずされていく
ピアピットがこだわるU7のはかま部分
音には何の影響も無いところ、しかし見た目の美しさはとても重要だ
ましてやこのはかまが持たされているのはU7と一部ディアパソンカスタム
モデル以外に無いのだ。正面きっての見えるところでもあり
ある意味U7の顔ともいえるところだ
モディファイをすることによりわずかな色の違いだけでも大きく印象は変わる
今回のこのU7は今までの色とは違い少しだけアンティック感を出した塗装となる
そうすることによりより高級感が増してくるのだ
時間をかけてこんな塗装しなくてもといわれたりもするのだが
そこはピアピットのこだわりのところ
他とは違う中身と外装を持たされるのだ
虹が出た。
ヤマハU7外装の塗装
この年代になるとほとんどが色焼けてくる
もう一度ナチュラルなカラーでリフレッシュだ
チッピング作業
黒檀鍵盤に変更
鍵盤ブッシングクロスの交換
ダンパーヘッド新品の取り付け作業
取り付けも大変な作業なのだがこの後の整調作業は
もっと大変なのだ
だからみんな触りたがらないところ。
ダンパー系をいじることは相当大変な作業だということは
調律師なら誰でもわかる。しかしここは肝心要なところ
しっかり完成度を上げていきたいところだ
アッパーダンパーの製作
こういうところは金額等ではなく中古ピアノを徹底して直して使ってもらうところに
技術者としてのプライドが見えるところでもあります
調整してありますより交換されてますのほうが安心だし思い切って楽しめる
そういうピアノを使う喜びはユーザーでしかわからない
中古ピアノを買って具合が悪くとも中古だからというあきらめの言葉が頭をよぎる
ことだけでも安心して使えない、そういうところを1個1個払拭したい
部品なんぞは安いので手間と暇をもらえれば完璧なピアノを作り出すことができる