タールベルグ ピアノ修理調整ふいご〜アクション作動修理  

ピアピットHPへ

オーストラリア製自動ピアノ 古いアンティックピアノだ
ふいご等からの空気もれ等がある アクションも動かない箇所多々あり、もう一度すべてを直して再生します

膠を湯煎で作る

ひたすらセンターピンの交換とブライドルの交換作業

滑りだしのために黒鉛を塗りこむ作業

錆びは強烈だ磨いてもなんか綺麗にならない

レギュレティングの頭も磨く

細部にたまったほこりをブロアーで吹き飛ばす

パイプのゴムも新品に交換 で何がどうしてどこの部品なのかは私は(書いている)解りましぇん

無数につく鉛のパイプこの中にも壊れているパイプがあるらしいが見ていても解らん

このゴムの長さは微妙に長さが違うようにできているらしい。〜〜まさにさっぱりわからん

エアパイプゴムも各所ひび割れありと鉛の口部分が壊れているところあり

エアが通るところに埃がびっしり詰まっている〜〜

ふいごに空気漏れが発生してる

通常のピアノのキャプスタンとロールピアノのキャプスタン
こんなに長いのは国産ではまずない

すべてこのレギュレティングが回るだろうか

ストップレール磨き

フレンジに積もる埃このほこりが各部に吸い込まれているらしい

ブライドルテープのカット

アクション分解

ヤーン製のブライドル発注

こういうアンティックなものを修理するときに気を使うのはまずどんな部品すべてが古いんだということを頭に入れる

当然これ中味を取り扱えるのはチョウエモンだけ、アクション系は私たちでも修理がばっちりとできるがパイプ〜等中味の空気連動機能
はチョウエモンしか触ることができない

パイプのつくり直し

空気漏れ〜この中にある!!がチョウエモンでしかわからん

アクションの分解作業だ各部恐ろしいほどのホコリにまみれている

アクション部、ブライドルテープ等もボロボロで交換が必要なのだ

むやみにねじ等をぐりぐり回さない慎重な作業が確実性を高めるうえで必要だ

ピアノ修理に戻る

チョウエモン  芸名ではなく本名の名前