ヤマハU5ピアノクリーニング外装修理もろもろ       ピアノ工房ピアピット0120-311-054

U7のボディーを持つU5実は大変珍しいモデルでもある
U7ができたのはU5よりも後、紀宮様生誕記念モデルこのボディーを格上げしてU7という機種を製作
実質U5の頂点時代はU7に移るんですがトップ機種なのは健在 のちにすぐにウォルナットボディーにU5は変わる

その変わる時代の真っただ中で翻弄したピアノの一台
数はすごく少ない

ピアノを寝かして修理底板取り外し

hammer整形ふぁいりんぐ作業
音色に大きくかかわるところだ
正確にファイルする腕がないと音が死んでしまう

中身アクションの修理始まる

之を何とかしないとだめだ~~べりべりのはがれてしまっています

ペダル窓を取る
ここもU7ならではのデザイン

U7本来と違うのは中身のアグラフを持たされていることだけだと思う

クリーニングに戻る

底板が割れてしまっています修理しないと使えません

底板が治ったところでペダル磨き修理取付組み上げ

半艶の本体ボディ 塗装修理も含めて修理いたします

カマチの塗装修理 妻土台~ペダル窓

妻土台さび付いたカマチを取る 今現在U5を検索するとまるで違う画が出てきますね