ヤマハU1D ピアノクリーニング修理 愛知県K様

ピアノU1Dピアノクリーニング開始 けん盤蓋は完全い艶がなくなってしまいました
もう一度磨き直して きれいにピカピカに戻したい

弦ピン関係もさび付いているので内部クリーニングも施してぴかぴかにします

錆びてしまっているチューニングピン

フレンジコード系の交換 このコードは確実に交換しておきたいところだ
車で言えばタイミングベルトのようなもの。一度切れると連打が容易ではなくなる。30~40年に1度の交換でOKなのだ
先ずハード面からの修理を、

ふれんじコードの交換とハンマーファイリング作業

ボロボロになったブライドルテープの交換作業

アクションからの修理作業になりますね まずはピアノから部品を取り時外していきます

クリーニングに戻る