レスターピアノ修理  作業公開                                  ピアノ工房ピアピット
                                              0120-311-054

さあレスターピアノを直そう、まず弾いてみる 音はフムフム 動きが悪いのと音色が薄い

雑音も出ている なかみ中心に修理が始まる いかんせん古いピアノです 何があってもおかしくないところあり
特に接着剤スプリング系は要チェック

そして夜も更ける

ブライドルテープの交換作業

センターピンの交換ウィツペンから

弦溝が深くつく~~ファイリングで取り去ります

天気吉|~~~~~~~

底板の割れ

とにかく古いピアノでもある 大抵共鳴板が割れこんでるけーす虫食いに大いにやられてしまっているケース
これはレスターに限らないこの年数経てきたピアノに共通することだ大抵オーバーホールとなるケースが多い

クロスパンチングクロスも交換

クリーニングに戻る

あちこち悪い所を直す

じっくりと数日間修理

工房猫ちゃみ

弦はこれまた意外と錆がないのでセーフと 共鳴板が割れていないところでもセーフ

hammer整形ファイリング 元のタイト感ある音色に戻す

さあこれからアクションだ~~申し遅れました担当は木村でございます
几帳面な性格。細かい~~A型 もってこいの技術者

補強もかねての修理

ペダル窓クッションクロスも交換しないとボロボロでもある

底板修理

鍵盤の黄ばみを見ても年数を感じさせるレスター
個人的には大好きだ。いいじゃないこのレア感。
子供には不評~~汚いと言われる

ピアノを寝かしてみた~~底板割れ発見~~~直さないとこれまたまずいことになるので修理だ
こういう風に寝かしてはじめてわかる所も多いのがピアノ お客さんのところではピアノはなかなか寝かすことができない

弦ピン磨ききれいにピカピカになる

共鳴板は環境が変わるとビット割れこむ可能性もある
ここでは予測できない

床暖房は確実に割れますので
要注意

バスげん磨き

、元のつややかな光がよみがえる

緻密な作業

一度すべてのクロスパンチングを取り去りフロントキーピン等を磨き上げていく