鍵盤キャプスタンにつく汚れもきれいにとりたい

レグニカピアノ ピアノ修理クリーニング  茨城つくばS様

共鳴板割れ響棒はがれが起きているレグニカピアノ
外装はひび割れ発生 中身はカビ発生 何とか再生したいところだ モールも取れてしまっているので
それらも含めて綺麗に再生修理を施していきます

ブッシングはドイツ製カシミヤを使う 国産もあるが毛羽立ちよくない

鍵盤ブッシングクロスの交換虫食い

ペダルが壊れていて奮闘中~~国産との違いはこういう所でも

弦張り直し

底板周りがおかしい

ピアノを寝かしさらに細部に至るまでちチェック修理

弦の発注日本製ではないのでとなり弦も外して送り
太さを調べる

あちこちにギキブリの卵が見つかる

磨き前の弦ピン関係カビが発生している

弦がない・・・・・・・・・

共鳴~響棒はがれここは直さなければいかん

貼り駒を使い1個1個ぶっしんぐ圧着  

こわれてるぞっ? 伊藤さん

ペダル真鍮が薄く錆びさせていくと
折れる危険性があり磨きあげました

剥がれてしまっているモール修理

変色さび付いたペダル

ヒンジ系は磨き錆び止めウレタン塗装がほどこされます

モールのないまえパネル

ピアノ前パネル飾りモールがない・・・・
部品の足らんところはつくるしかないか

ピアノクリーニングに戻る

慎重にバフがけを進めていく

ピアノ側面バフがけ

なんとかぺだる部取り外し成功

国産にはまずない作り方

ペダルがなかなか取り外せない~~~

hammer整形ファイリング

亀裂割れ発生

ハンマー~整形ここが極みの世界

アクション分解

アクション分解修理まずはhammer整形から始まる

解りやすく言うと心臓にひび割れ動脈硬化
みたいな症状

まずは共鳴板等を直して
もう一度つ使うことができるようにしたいところだ。

なかなかの割れ具合、何とか簡易的でもこの割れを直す修正することを考える

バックチェックハンマー等ni
カビ発生ちゅう

ダンパーdフェルトもカビ発生

飾りモールも全て取れてしまっている。