ヤマハG5久喜市A様ピアノクリーニング修理

YAMAHAロゴも一度塗りつぶし
真鍮ロゴを削り出す

もう一度ペーパーを当てる

今はないG5モデルないというとほしがるのが人間 中古人気もなかなか高く 
出せばすぐに売れてしまう 中国が多いと思いますね UPよりGPが売れまくる中国

ピカピカに磨き上げたキーピン関係

ペーパーを当てたらクリアーの塗装が始まる

クリーニングされた鍵盤

ダンパーヘッド磨きワイアーみがき

鍵盤木口交換GP

\共鳴多もきれいにクリーニングしなければ

フレームボルトもピカピカに磨き上げる

磨き前のキーピン関係

場所を作りさあ5をこん包から解き仮足を取り付け起こしていきます 外装はまずまずきれいなほうですね

塗装前の状態

譜面台とけん盤蓋内側の塗装ネームは譜面台がいいかな

ピンクの色味もそうだが黒縁を作ることにより和風の感じを醸し出させる
ナベサンの技。ここがポイントピンクの色味も実に綺麗なピンク桃色

アクション修理動きの悪いところをチェックセンターピン交換

ヒンジは取り外して磨き再塗装(錆び止めウレタン)

埋もれていたG5復活点
さあここから完璧に仕上げ手行く作業が始まります より細部にわたり徹底的に精査修理調整直して快適なG5にします

クリーニングに戻る

猛烈すぎて錆が深い苦労困難を極める

アリコート付近もきれいになり始めましたね

G5フレームも汚れスラッジ等がこびりついている

作業開始 まず弦についた錆チューニングピンについた錆等削除
ちまちまと手作業の嵐 機械で取れるところは機械を使うが限定されてしまっている
錆びの浸食は細部細部に及んでいる

ピアノキャスターも錆で変色これらもきれいにしてピカピカに戻します

ハンマーアクション関係もよごれている やや虫食いも発生 一度分解して悪いところは徹底的に直したい

アクション運動機能の修理ここが動かなれば始まらない

ピアノ塗装カスタマイズ

ピアノ大屋根バフがけ

鍵盤運動の軸となるところだ

弦の下共鳴板にはカビシミ発生

磨きこんだ弦の下共鳴板カビシミ発生

なかなかガンバった成果が表れてうれしい

丸一日かけてやっとここまで まだ細微にいたっていない。明日また続きをやろう

チューニングピン関係かなり錆びついてしまっている
これ以上進んでいたら弦ピン関係の交換になってしまう

想像していた以上の錆だ 早めに対処しなくてはならない
かなりサビが一面に回っているようですね

鍵盤アクション部分鍵盤木口も黄ばんでしまっています