ピアノクリーニングヤマハU3H  茨城M様

U3Hサペリというピアノです
入荷修理開始 中はカビ埃がたまる が状態としては普通う年数が経過しているが直せばまだまだ使えそうだ

ピアノ調律師も国家資格となり調律技能士になる
日本全国調律師すべて試験受け直し

ピアノ調律師もピアノ調律技能士ということになる、試験を受け基準に満たしたものが技能士の資格を与えあたえられる。いままで調律師の定義すらなかったこの世界、この制度が導入されることにより
ユーザーも安心して頼める制度だ、すでに5年以上たつ制度なのでこの世界でご飯を食べさせてもらっている調律師は必ず受け2級もしくは1級を取る、3級は調律学校出たての人が受けるのが一般的
それでは全員受かるのか??ここが合格率がめちゃくちゃ低い低すぎる~
全ての級において実に低い合格率、これは文科省もびっくりという
3級受からないという事は正直音階ができてもいないということに等しい、100点をとる制度ではなく
たった70%の精度で良いところなのでそれ以下ということはお話にならないところがあらわになる
今までこういう制度もなくユーザーは10000円以上のお金を払ってきた・・・・・精度がひどくても良くてもだ
そういうところに調律師協会の呼びかけにより一線を引くことができた。
ユーザーも技能士に頼むという選択は間違っていない
この制度は大きくこの業界を変えてきている
我々調律師にとっても技能を判断してくれたという意味でも国家資格のもと調律をさせていただいている
責任感は大きい。必ず頼むときは国家資格取得者に頼まない手はないのだ
この制度を知っておけば名刺をもらっただけで判断できる。

コンパウンドを使い磨き準備

キーピンは上げてからみがく

ピアノパネル鍵穴周辺磨き

鍵盤等を取り外して掃除まずは埃の削除 弦さびはやや少なめなのだが少し虫食いあり

ペダル窓底板を取り外して磨き写真は磨き前

鍵盤表面についた細かい傷等をきれいにバフがけで落としていきます。

ヒンジは取り外して磨き錆び止めウレタン塗装がほどこされます

ピアノアクション分解修理

ピアノ弦ピン磨き      ペダル分解修理

殆ど想定内の世界なので磨き上げ修理すればまた快適に使える

外装つきいたはがれあり再接着しないとサペリ材が剥がれてきます

ペダル窓クロスも剥がす

ピアノを寝かして磨き準備

ピアノクリーニングに戻る

底板もきれいしてからペダルを磨き装着

M様にお伺いしていた調律師ほとんど知り合いなのでしょっちゅうピアピットに来るのでみているかも

深い艶が徐々に甦りはじめます
外装はラッカー細かいクラックあり