U3H鎌ヶ谷市H様ピアノクリーニング

ヤマハU3Hピアノクリーニング開始 古いモデルだがまだまだつかえる
もう一度リフレッシュさせてお戻しいたします

hammer整形ファイリングもろもろ
アクションの基盤となるところを正確になおす、細かい作業は
整調作業といいここが一番時間が掛る

やはり30年以上も経つヤマハU3H
ロングセラーの定番のピアノだ、それなりに完成度は高いピアノだと思う、
弾きこんでいるが、さすがに年数が経つと単なる定期調律だけではすまなくなる
それなりに交換しなければならない所も出てきて当然だろう

先ずはフレンジコードの交換からだ
新品は白い綺麗な弾力のあるコードが取り付けられているが、年数の経過で変色し
切れ始めてしまう、コードに対してスプリングがかけられ30年も貼り続けてきている頑張り屋のコードだ、しかし劣化し切れ始めると
今度は演奏上に大きな影響が及んでくる
連打が出来ない、もともとハンマーの返りをすばやく戻す役割を与えられている

ピアノはどの部品ひとつかけても症状として
現れるので、早めの交換が必要だろう

ピアノ本体磨きクリーニング 光始めた本体

同時に故障個所発見~~修理修理

ピアノをこのようにして分解して磨いている業者はピアピット以外に見たことがない
OHの場合はこのようにするが大抵のクリーニング業者はピアノは立てたまま
掃除だけというケースが多い
それでは隅々までのクリーニングが行き届かない、弦磨きも交差する部分下も放置に
するところはほとんどだと思いますね
底板を取り外すという事はほとんどしていないはず
大きな違いがここにある、

フレンジブライドルテープ交換

ペダル装着
ペダル窓クロスも新品に交換

ペダル窓クロスも新品に交換

巻線バスげんまで1本1本丁寧に磨き上げていく

エアブロアーで細部隅々にたまる埃をまず吹きとばす

ピアノを寝かして底板等の取り外す~弦ピン磨き 特にピアノの下部分は錆が回っていることが多くしっかり錆を取り去りたい

ペダルそこいあペダル部磨きクリーニングピカピカになりました

ぺだる底板はカビシミ等で汚れてしまっています

ピアノクリーニングに戻る

U3Hこれから弦ピン磨きクリーニング始まります