ヤマハピアノU1Gクリーニング 印西市T様

ヤマハU1Gモデル入荷外装は年数相応というか艶がなくなり汚れ等に覆われてしまっています
外装中身ともどもきれいにクリーニングしてまた新品時の時のように戻します

裏側も塗装

きょうはオーナー様s自らお手伝いに来てくれました
ナベサンは香川県出張~~戻っている途中かな

ハンマーを取り外すとスラッジがごっそりたまるアクション

右側前パネルに丸く塗装とけあり

張り替えた鍵盤木口カット

ハンマー整形ファイリング

アクションボルトねじスクリューのマス締め

フレンジコード、ブライドルテープ交換

クリーニングに戻る

非接触センサーにさらにバージョンUPされたサイレントユニット
現在各社出てきているがトータル的にNO1の座を誇る
デジタル進化の世界なのでバージョンUPが繰り返さないメーカーと
繰り返し進化してきているメーカーとではさすがに差が出始めてきている

サイレントユニット取り付け

気持ちは猫に~~~

素晴らしい~~たいへんよくできました

けん盤蓋塗装になる

ピアノ調律師もピアノ調律技能士ということになる、試験を受け基準に満たしたものが技能士の資格を与えあたえられる。いままで調律師の定義すらなかったこの世界、この制度が導入されることにより
ユーザーも安心して頼める制度だ、すでに5年以上たつ制度なのでこの世界でご飯を食べさせてもらっている調律師は必ず受け2級もしくは1級を取る、3級は調律学校出たての人が受けるのが一般的
それでは全員受かるのか??ここが合格率がめちゃくちゃ低い低すぎる~
全ての級において実に低い合格率、これは文科省もびっくりという
3級受からないという事は正直音階ができてもいないということに等しい、100点をとる制度ではなく
たった70%の精度で良いところなのでそれ以下ということはお話にならないところがあらわになる
今までこういう制度もなくユーザーは10000円以上のお金を払ってきた・・・・・精度がひどくても良くてもだ
そういうところに調律師協会の呼びかけにより一線を引くことができた。
ユーザーも技能士に頼むという選択は間違っていない
この制度は大きくこの業界を変えてきている
我々調律師にとっても技能を判断してくれたという意味でも国家資格のもと調律をさせていただいている
責任感は大きい。必ず頼むときは国家資格取得者に頼まない手はないのだ
この制度を知っておけば名刺をもらっただけで判断できる。

けん盤蓋無数に傷があるが磨くと信じられないほどきれいになりそうですね

弦ピン関係の磨きクリーニング

ぶらいどるテープは長さに合わせてカット

アクション分解修理

ピアノ調律師も国家資格となり調律技能士になる
日本全国調律師すべて試験受け直し

鍵盤木口変色ペダル錆びにより変色