イーグリーグピアノ  

イーグリーグピアノクリーニング修理開始 外装は表面突板の状態が悪く剥がれ始めている
再接着 側面はひび割れ発生 中身はうごかない箇所がいくつもあり今この状態ではすこぶる悪い状態だ

まず外装からチェックを繰り返しながら
磨き始める幸いに大きな色やけがないので磨くとかなりきれいな状態が期待できそうだ、あとは中身の問題もあるが
1こ1こ解決していこう

左側面部ひび割れ

すべて含めて再生したい

外装パネル磨きはじめ

バスのベアリングもきれいに見飽き上げます

まず木口の汚れは取れたな

目立たないと言えば目立たないが

アクション整調作業大きく変化してしまっている基準値を修正作業

鍵盤下にあるキーピン関係 完全い錆びついてしまっている
これでは摩擦抵抗が跳ね上がりタッチ感触に大きく影響を及ぼす

古いブライドルテープの交換

象牙漂白準備

ピアノクリーニングに戻る

直せば必ず良くなりそうだ

時間をかけた象牙漂白~~~~~真白くなる

ぺだる底板分会修理底板を取り外してきれいにカビシミ等を削除

弦ピン磨きクリーニング錆発生 きれいに磨きこむことにより音が立ち上がる

イーグリーグ象牙鍵盤モデル 高級なモデルともいえよう
当時アクリル鍵盤が主流だったワンランク上最上級モデルには象牙が与えられていた時代
個の象牙も黄ばみいい感じではないのでもう一度象牙を再生漂白したい

腕木つきいた化粧板はがれ

アクション分解修理まずはハード部分消耗と摩耗している箇所を修理古く年数がたって劣化している
部分の交換まずはここから分解しながら悪いところをチェックしyて行く

ピアノ底板の取り付け