ピアピット0120−311−054

アトラスピアノクリーニング修理  横浜K様

相当昔初期型アトラスモデル最上級機種 レンナーの部品象牙等部材の良さは逸品

虫くいクロスパンチング〜〜

虫くいのバランスクロスパンチング

中はうごかないところも多くまずはハード部分のメンテから始まる

自分のピアノを自分で手を入れることができるのもピアピットだけの特典かもそれは丸投げが多い修理
誰が直しているのかわからないところで自分のピアノの修理に参加できるということはまずない
修理過程が確実に整理整頓されて初めてここを手伝うことができるところなので
担当者のもと作業ができるのだ。

象牙鍵盤のバフがけ

鍵盤ブッシングクロス交換レンナーカシミヤ

フレンジごと丸ごと交換に変更〜〜そのほうが安心

各セクションでセンターピンの太さは変わってくる
または変化しているそれに合わせての交換が必要で
ちなみにすべて均一ではない

各部フレンジ等のセンターピン交換、この軸ピンがかなめ。確実な交換でまた向こう30〜40年動くだろう

数日間かけて象牙の漂白

ハンマー整形ファイリング

ペダル分解底板取り外し
ペダルも一部壊れてる

底板部取り外し

ピアノそこ部分がグズグズ

何とかひかり甦るボディ〜^

ペダル飾り窓の取り外し ブラスの磨き

渾身の磨きを見せる健太君

突板のはがれ修理

アクションブライドルの交換

象牙漂白天気のいい日を選んで漂白

クリーニングに戻る

もう一度再生復活させる。アトラスモデル
あちこち治すことがあるが何とか頑張ろう