ピアノクリーニング修理 レスターピアノ 世田谷区K様

レスターピアノ50年以上〜〜共鳴板がバリバリに割れてなくいい状態とは言えないが割れてない分再生は可能な状態だ
これをもう一度再生します
まず音が出ない〜止まらない症状が出てきている抑え込む、ばね系のの劣化折れによるものとセンターピンさび付きにより
音が出ない状態だこれらも含めてなおしもう一度使っていただく

ピアノ調律師も国家資格となり調律技能士になる
日本全国調律師すべて試験受け直し

レバークロス交換

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
象牙漂白24000円
ブライドルテープ交換18000円
駒割れ修理12000円
ダンパーレバースプリング交換14000円
レバークロス交換12000円
ウィッペンスティック修理8000円
アクション総合調整22000円
調律15000円
運送16000円+16000円=32000円
税込納品時の調整調律含まれます
フィンガード付お手入れセットサービス


末光篤さん(木村カエラさんのバタフライを作曲のだめの主題歌等を手掛ける)エイベックスアーティストのジャケの撮影とPVユーチューブ用撮影。アルバムができるのが楽しみです
調律師の業界でもいよいよ国家資格導入ということに
今まで日本調律師協会という団体があり試験を受け入会するというほうしきにて数十年、その調律師協会の働きかけにより
やっと国家資格制度にまでこぎつけた、今までだれでも今日から私は調律師で通っていた、大変な勉強をし見事調律師協会の
資格をとっても一般的なところで認知度は低く、お客様が判断するところにまでいたらなかった。
いかがわしい調律師も、怪しい調律師も、調律師協会の調律師も同じ土壌にいたわけだ
ところが今度は実に大きく変化していくだろう、まあいうなれば調律師の仕分けと言う段階にきたわけだ
しっかりと線引きが出来る、当然調律師というなれば国家資格あるべきと言うことになる。
現在すべての調律師は大抵試験を受けていることだ、そのことを知らないということはまずない。
受かる受からないは別として、責任を定義するために必ず受けていることだろう
地道に努力している人間にとっては諸手を上げて賛成だ
それとホール関係などは当然国家資格保持者以外は触らせないということにもなるし、学校関係も同じようになる
一生懸命勉強して日本ピアノ調律師協会の資格を取得しまいにちがんばっている調律師にとってはとてもうれしい
ユーザーもレベルの高い技術を得られると言うわけだ
今度こそユーザーにもこういう制度があることを強く伝えたい
3級2級1級  調律師協会合格レベルは2級以上となる、
建築系と似ているかも大学卒業で2級建築士 国家資格1級はさらに難しくなる
すでに3月半ば現在合否通知が届いている
ナベサンも2級合格やれやれ、もう1級もうけたくないといっている
実技はともかく学科が頭にはいらないらしい???まあ一応合格ということでピアピット受けた人間2級みな合格です

之が終了すればパネル組み上げて
出荷可能だ

さあここで今回一番どうしようか迷った場所の修理だ 弦はまだ使えるのでそれを軸に

駒はがれここは人間で言えば動脈と同じ
音を共鳴板に余すところなく伝える役目そこがはがれると
たちまち音量は落ち込み音色は悪くなる
本来ならオーバーホールの域を今回なんとか次のオーバーホールまでもたそうぜ!ということで駒を貼りこむ
OHであると弦は一度すべて捨てなくてはならない
まあ今回はそこまでしなくとも駒はりで音色を復活

象牙も綺麗になりいい感じだ

磨きこみここまできれいになるとは思わなかった

駒ピン割れ

こまわれ部分は充填剤を使い補強 次のOHはこの駒丸ごと交換すればよし

アクションの細かい整調作業 大きく年数変化が出ている 快適性を取り戻すために
ヨシハル君4日目に突入

おっ。ちょこなんかとった

ヤレタ感じも少し少し取れ始めた

綺麗に元のハンマー形状に戻すy作業

酷いさび深く、やっときれいになり始めた弦ピン関係

レスターのロゴ文字もきれいになり始める

ペダル分解底板修理

ぺだる磨き

50ン円は立つモデルでもあり外装塗装被膜も劣化してきている慎重に磨き
ヒンジは取り外してみがいた後錆止めウレタン塗装がほどこされます

錆び赤さびが回るチューニングyピン弦関係 このままでは完全い朽ちてしまう早めの処置が大切

真ん中ペダルマフラーフェルトも張り替え

鍵盤カビシミ多しまずはサンディング

ピアノパネルと分解していく

ピアノ外装磨き

年数経過にて一番多い付属部品の劣化

音の止まらない原因ダンパーレバーワイアーの破損折れ

ハンマー整形ふぁいりんぐ作業

ぴあの奥丸クリーニング磨き

ペダル分解ここが一番埃カビが付着するところにありけん盤蓋みがきも順調に進む

チューニングピン弦磨きクリーニング

ピアピットエアコン増設中

ピアノを寝かして底板の取り外し〜〜弦磨きクリーニング底板ビスは全てさび付きまわらない〜〜ピアノは寝かすと見えなかったところまであらわに見えるのだ

さび付いたピアノ弦チューニングピン関係の磨き〜〜これは時間が掛った何とかきれいと言える段階までこぎつけた

クリーニングに戻る

バランスキーピンもしっかりと手磨き

象牙も漂白作業〜〜

ブライドルテープ交換