ピアノクリーニング杉並区I様 ヤマハU1D(ワイン)

ピアピットHPへ

シッカリとクランプで固定していく

鎌倉市からピアピットへ持ち込まれましたU1D、ながいことそのままずっと放置されていた感のあるピアノです
中は湿気等によりカビが大発生、一応ピアノとしての形は保ってはいるが全く使えない状態になってしまっています
U1Dもう一度再生復活させたい、ここまで来たらもう完璧によみがえらせたいぞ〜と言うことでまず時は外装等の状況

調律師の業界でもいよいよ国家資格導入ということに
今まで日本調律師協会という団体があり試験を受け入会するというほうしきにて数十年、その調律師協会の働きかけにより
やっと国家資格制度にまでこぎつけた、今までだれでも今日から私は調律師で通っていた、大変な勉強をし見事調律師協会の
資格をとっても一般的なところで認知度は低く、お客様が判断するところにまでいたらなかった。
いかがわしい調律師も、怪しい調律師も、調律師協会の調律師も同じ土壌にいたわけだ
ところが今度は実に大きく変化していくだろう、まあいうなれば調律師の仕分けと言う段階にきたわけだ
しっかりと線引きが出来る、当然調律師というなれば国家資格あるべきと言うことになる。
現在すべての調律師は大抵試験を受けていることだ、そのことを知らないということはまずない。
受かる受からないは別として、責任を定義するために必ず受けていることだろう
地道に努力している人間にとっては諸手を上げて賛成だ
それとホール関係などは当然国家資格保持者以外は触らせないということにもなるし、学校関係も同じようになる
一生懸命勉強して日本ピアノ調律師協会の資格を取得しまいにちがんばっている調律師にとってはとてもうれしい
ユーザーもレベルの高い技術を得られると言うわけだ
今度こそユーザーにもこういう制度があることを強く伝えたい
3級2級1級  調律師協会合格レベルは2級以上となる、
建築系と似ているかも大学卒業で2級建築士 国家資格1級はさらに難しくなる
すでに3月半ば現在合否通知が届いている
ナベサンも2級合格やれやれ、もう1級もうけたくないといっている
実技はともかく学科が頭にはいらないらしい???まあ一応合格ということでピアピット受けた人間2級みな合格です

ちなみ全国現在2014年度1級165名 2級2180名 3級180名

傷多し

バッキリと割れている

ぺだるも完全に変色さび付いてしまっている

ぺだる磨き

なんとかとれるのもあるんすがね〜〜〜〜結構きついっすぅ〜〜

ヒンジは磨いて塗装が施されます

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
フレンジコード交換20000円
ブライドルテープ交換18000円
鍵盤木口交換15000円
各部剥がれ割れ修理12000円
ハンマースティック修理20000円
アクション総合調整22000円
運送18000円+15000円=33000円
税込納品時の調整調律含まれます
フィンガード付

世界中の出回るピアノすべてにこのふれんじと呼ばれる部品がつく、ここを支点軸としてからくりはうごくのだ
しかし1個でも湿気さび等で動かなければピアノはたちまち音が出なくなってしまう、常にこの部分のセンターピンのチェックは毎年見ておいた方がいいのだ
ここは完全に消耗品なので直してもさほどお金はかからないことを覚えておこう

このピアノが音の出ない原因の一番大きなところ

バットフェルト虫食いのために部分交換

鍵盤ホールがキツキツでありホール調整をする

ヒンジ等の取り付け

鍵盤側面につく指垢等もきれいにサンディング

少しづつ光ってきたかな〜〜〜U1D

鍵盤表面はよく見ると爪傷が無数につくところでもある
ピアノで一番傷がつくところだしっかりきれいにピカピカに戻したい

表面に無数につく爪傷

鍵盤木口の交換作業

まずはボディ全体のダメージの補修からの作業だ、、ここをやらずしてバフはかけられない。つきいたがあちこち剥がれてきているのだ

古い天秤棒

みがき前の本体です

なんとか取り外した底板埃にまみれてしまっているのと真っ二つに割れている、ピアノの底が割れている
ここはシフト系があるところで板にバネレート圧力がかかるところ、意外に多いのだがユーザー宅ではどうすることもできない。
こういう時にこそしっかり治しておきたいところだ

今度はハンマーのバットのスティック修理、センターピンンの交換作業

あまりの多さに二人で作業

バランスキーピンフロントキーピンのクリーニング磨きこれはウルトラ手作業

バランスキーピンフロントキーピンの磨き作業

鮮やかな元のワイレッドがよみがえります

チューニングピンについた錆を落としていく

チューニングピンの錆

パネルクリーニング作業

こういう作業は一人でやるとかなりしんどい作業になるので手分けして作業を進めていく

取り外されたウィッペン

ウィッペンジャックのセンターピンの交換

取り外したらスプーンの頭も磨いておく結構タッチ感触が変わるのだ

50年以上経過したピアノ当然のように外装〜中身まで傷んできているところはある、外装系はラッカー仕上げ細かいクラッキング
塗装膜の劣化はゆがめない、がそこを何とかクリーニングできれいにしていきたい

鍵穴もピカピカになりました

チューニングピンもピカピカに変身

ピアピット ナベサンが始めた工房だ
30年前になるがパソコンもなく何もないところから始まる、調律に行っていたお客様だけの修理工房だった
当時仕事はなく、好きなサーフィン ギターどんだけでも練習できたぐらい時間と暇だけはあったらしい
しばらくしてからこれからはコンピューターの時代、ドメインとかいうやつをとらないといけないとか言われ
ピアピットドットコム、をパソコンが普及する前から取った。・・・・・・・・20万ぐらいかかったような気がする
ドメインをとったはいいが、肝心のパソコンがない!!ことを数年たって思い出した。・・・・意味わからん
と言うことでパソコンを買いに行ったがさてなにをしたらいいのかわからず、最初に覚えたのは
絵を描くことだった、毎日ひたすらパソコンで絵を描いた、しばらくしてなんとやっとメールアドレスを作った
それが今のメールアドレスだ、何とも古いアドレスらしい。初期型アドレスと言われることしばしば
最近だいくつものメールアドレス作れるんだよと聞いたのは、がしかし今でも1個だけの何変わらないアドレスを使い続けている。 HPはここ数年初めて作った、その間ピアノの修理ギターイジリ オーディオ直し
好きなことばかりやっていた初期ナベサンとフクチャン。
他から見ればただのぷーたろーのおじさんが遊んでいるとしか見えなかったかもしれない。
景気が悪いだの、いいだのと言う言葉ははなはな頭にはなく、仕事がないときはサーフィンに夢中になり
毎日カップラーメンばかり食っていた、がこの二人自由を手に入れたかのように毎日にやにやしていたらしい
当時から確かに追求性は恐ろしく執念深い所もありサーフィンのボード形状によって厚さによってウンたらと言ってたし
…あんたはサーファーのリペアーか?と言われるほど研究していた、フクチャンはギターの塗装がウンたらと超絶的な技で塗装技術を自ら考案していたし実践していた、たぶんだけど当時の収入は月に5万円〜8万円だったと言い放つ
よく食えてたものだと今でも自ら不思議がるナベサン
私はのちの十数年後にはいったのだが。当時行き当たりばったりの会社だったそのうち治るのかと思いきや
今でもなんと行き当たりばったりの会社を貫き動かしているのには驚くばかりで
人柄だけのかりそめなバランスを保ちながら30年も続いている会社に驚く始末。
売上は上がるが実入りがさっぱりで30年、ほんと笑える会社と言うか笑うしかない会社なのだ

それでも好きな仕事をし続ける皆の衆これは無敵なのだ
収入がなくても手はうごくせっせと働く、これ無敵・・・・・他企業がまねできない会社だ
不思議に社員が増える不思議と食べていっている、これぞ現代のミステリー・・・・と言うとかっこいいが
しょうがないじゃん・・これしかないんだから精神でも誰も文句は言わないやめもしないところがミステリー

アクションも湿気で完全に動かなくなってしまっている〜〜フレンジコード系はすでに切れて使えない状態になっている

ユーザーはこういう風に中身まで開けてみるという事はまずない、使用上中身をかけるという事はないからだ

ピアノ内部はこのようにカビ。カビにとって暗く湿気があれば快適な空間になる
今度はカビにっとって最悪な空間を作らなければいけない

多少つきいたのはがれあり

外装は無数の傷と塗装の劣化が見られる  これを何とか磨きだして綺麗にするのがクリーニングだ
出来るだけ細かい傷もとりたい

バランスキーピン、フロントキーピン変色とクロスパンチングの虫食いだ、鍵盤運動基盤のところなので綺麗にクリーニングして鍵盤を収めたい

けん盤下埃がたまっているが年数の割には少ない方だ ヒンジ等もすべて取り外してビス系は捨てて新しい物に交換するのだ

弦さびも細部にわたって発生している弦関係のさびもきれいに取り除いてピカピカにしたい

ピアノクリーニングUに戻る

ピアノパネルを取り外すと隅々に埃がたまっている、鍵盤押さえにつくフェルトもすでに虫に食われてしまっている
当時は快適に使っていたピアノ、どんなピアノも同じ状態になるのだ、でもそれを直すか買い替えるかはユーザーの愛着のところにある
ピアノは直せば何度でも再生できるのだ、そのお手伝いができるのはうれしい限りでもある

各所膠切れ接着はがれが発生している

ペダル窓クロスも新品に交換

誘導広告に注意だ
ピアノ修理ランキングとか何も根拠のないランキングをつけ1位に誘導するという
ネットならではの商法がまかり通る〜〜どういう根拠で作っているのかは不明
ピアピットは何もかかわりのない事ですので・・・・・迷惑な話だ

天秤棒新品に交換

ペダル窓も曇ってしまっている

鍵盤バフがけ

部品等を取り外して再接着

ピアノを寝かして底板分解作業だ
そこいたは割れてしまっている、まず取り外そうにもビスが回らないインパクトしながらまわすが
回らないところもある…等々ねじすら折れ曲がる
鉄鋼用ドリルで抜き取ることになる

ゴムボタンも新品に交換

ピアノパネル口棒鍵穴完全にさび付き緑青が出てしまっているまさに動かない

内側につくカビもきれいに取り除いて除菌したい、埃虫食いも発生している、が大体こんな感じで担ぎ込まれてくるケースがほとんどだ

新品のブライドルテープ

同時にアクションの分解一度すべての部品を見直す必要があるのだ
まるで現状では動かないアクション、要なところでもある
ここが動かない限りピアノとしては使えない

U1Dの長さに合わせてカットされていくブライドルテープ

ハンマーの帰りを助けるフレンジコード系の交換
まずはアクションのからくりの消耗品からの交換だ

ブライドルテープの交換

ハンマー再生ファイリング作業