ピアノクリーニング ヤマハU3H

ピアピットHPへ

底板を取り外してペダル窓関係の磨き作業

岩手県からはるばるピアピットへ入荷〜〜ヤマハU3Hもでる さほど使い込んだ感はない、いい感じだ
丁寧に使っていたのか大きなうち傷等は極力少な目なのだ
これをもう一度徹底的に作業を施して今度は神奈川県に持っていきます

整調作業はくりーにんぐ以上に大切なところだ

アクション整調作業

ヒンジはまとめてみがき
錆止め塗装が施される
ヒンジビスは全て新品に差し替えます

みがきはナベサン この磨きが好きなおじさん(社長)だ 自ら磨く

鍵盤1本ひび割れあり交換しておきます

けん盤木口の出っ張った部分をカッティング

お見積り金額

ピアノクリーニング65000円
フレンジコード・・・・・奇跡的に交換しなくてもOKOK
ブライドルテープ交換18000円
けん盤木口交換15000円
鍵盤ホール調整8000円
はんまースティック修理12000円
アクション総合調整22000円
調律13000円
椅子11000円
サイレント?105000円
運送岩手44000円+三浦17000円=61000円
税込納品時の調整調律含まれます

大きく狂っている鍵盤上面ナラシを直していきます

マフラーも新品に交換

ピアピット ナベサンが始めた工房だ
30年前になるがパソコンもなく何もないところから始まる、調律に行っていたお客様だけの修理工房だった
当時仕事はなく、好きなサーフィン ギターどんだけでも練習できたぐらい時間と暇だけはあったらしい
しばらくしてからこれからはコンピューターの時代、ドメインとかいうやつをとらないといけないとか言われ
ピアピットドットコム、をパソコンが普及する前から取った。・・・・・・・・20万ぐらいかかったような気がする
ドメインをとったはいいが、肝心のパソコンがない!!ことを数年たって思い出した。・・・・意味わからん
と言うことでパソコンを買いに行ったがさてなにをしたらいいのかわからず、最初に覚えたのは
絵を描くことだった、毎日ひたすらパソコンで絵を描いた、しばらくしてなんとやっとメールアドレスを作った
それが今のメールアドレスだ、何とも古いアドレスらしい。初期型アドレスと言われることしばしば
最近だいくつものメールアドレス作れるんだよと聞いたのは、がしかし今でも1個だけの何変わらないアドレスを使い続けている。 HPはここ数年初めて作った、その間ピアノの修理ギターイジリ オーディオ直し
好きなことばかりやっていた初期ナベサンとフクチャン。よく食えてたものだと今でも自ら不思議がるナベサン
私はのちの十数年後にはいったのだが。当時行き当たりばったりの会社だったそのうち治るのかと思いきや
今でもなんと行き当たりばったりの会社を貫き通しているのには驚くばかりで
人柄だけのかりそめなバランスを保ちながら30年も続いている会社に驚く始末。
売上は上がるが実入りがさっぱりで30年、ほんと笑える会社と言うか笑うしかない会社なのだ

それでも好きな仕事をし続ける皆の衆これは無敵なのだ
収入がなくても手はうごくせっせと働く、これ無敵・・・・・他企業がまねできない会社だ
不思議に社員が増える不思議と食べていっている、これぞ現代のミステリー・・・・と言うとかっこいいが
しょうがないじゃん・・これしかないんだから精神でも誰も文句は言わないやめもしないところがミステリー

各機種出来上がったアクションスタンバイ

今年も豊作なピアピットになる木イチゴ

得に磨きが好きなのです

ピアピット工房の窓を開けると外の景色は竹林、風情に思われるが、夏のやぶ蚊はすごい物がある

ペダル窓クロスも新品に交換されたペダル完成
装着

細かいとこまでチェックを繰り返す

今日は気持ちよかっぺ

ここで働く人間は全てピアノの調律師だ
写真は酒井君ヤマハアカデミーの卒業だ

ピアノペダル分解作業

ピアノペダル底板クリーニングと分解作業

ピアノを外に出してバフがけ作業だ 今日は風もあり気持ちいい

ピアピット内改築中でござんす

指垢もきれいにクリーニング

変色している鍵盤手前木口

外装パネル〜^完成〜〜

キーピン関係の磨き

ピアノクリーニング徹底的にとりおこなう
ピアピットスピリット これぞどこにも負けない仕上がり〜〜
最高の品質音色でお届けしてます

ペダル窓交換前〜〜みがきは終了

チューニングピンについた錆を落としていきます

ハンマー部総点検

黒鍵盤カビシミがついてしまっている

バフがけ

はんまー整形ファイリング作業

アクション分解作業 部品をすべて取り外して細かいところまで念入りにチェックと修理
ブライドルテープの交換作業

ピアノクリーニングに戻る

クリーニング前のさらに細かいチェック

調律師の業界でもいよいよ国家資格導入ということに
今まで日本調律師協会という団体があり試験を受け入会するというほうしきにて数十年、その調律師協会の働きかけにより
やっと国家資格制度にまでこぎつけた、今までだれでも今日から私は調律師で通っていた、大変な勉強をし見事調律師協会の
資格をとっても一般的なところで認知度は低く、お客様が判断するところにまでいたらなかった。
いかがわしい調律師も、怪しい調律師も、調律師協会の調律師も同じ土壌にいたわけだ
ところが今度は実に大きく変化していくだろう、まあいうなれば調律師の仕分けと言う段階にきたわけだ
しっかりと線引きが出来る、当然調律師というなれば国家資格あるべきと言うことになる。
現在すべての調律師は大抵試験を受けていることだ、そのことを知らないということはまずない。
受かる受からないは別として、責任を定義するために必ず受けていることだろう
地道に努力している人間にとっては諸手を上げて賛成だ
それとホール関係などは当然国家資格保持者以外は触らせないということにもなるし、学校関係も同じようになる
一生懸命勉強して日本ピアノ調律師協会の資格を取得しまいにちがんばっている調律師にとってはとてもうれしい
ユーザーもレベルの高い技術を得られると言うわけだ
今度こそユーザーにもこういう制度があることを強く伝えたい
3級2級1級  調律師協会合格レベルは2級以上となる、
建築系と似ているかも大学卒業で2級建築士 国家資格1級はさらに難しくなる
すでに3月半ば現在合否通知が届いている
ナベサンも2級合格やれやれ、もう1級もうけたくないといっている
実技はともかく学科が頭にはいらないらしい???まあ一応合格ということでピアピット受けた人間2級みな合格です

ピアノアクション分解作業

カスタマイズはこれまた楽しい

茶系で塗装グラディーション

これは木目の無いパネルに木目模様を描くカスタマイズ
特殊な木目模様を作り出す