動きの悪いところも多くチェックしながら作業

ご存じアンモナイトこのようにして動き回るジュラ紀1億5千万年前
とても素敵だ(ナベサン)

じゃ〜〜〜〜ン1億5千万円前デボン紀に海にいたオウムガイ
チョーかっこええ(ナベサン)

まるで女性はこのようなレアな生き物たちはまるで興味がないらしく。ピアピットでもこれにお金を出して買うということが分からないといっているが、ナベサンはこの生き物たちは人間が誕生する前からあちこち世界中を動き回り何かを食べていた
それを想像してみ!・・・・・すげ^^夢あるじゃね?・・らしいが・・・・・興味のない人はバカみたいだとナベサンに言っていた

ナベサンの宝物紹介のコーナー  三葉虫の化石3億5千万円前 これはすごいぞキリストが生まれる前からウニョウニョ動き回っていた
その横はサメの歯の化石 これも何を食べていたのだろうとおもうと夢が膨らむ〜^

ヤマハU1Fピアノクリーニング 柏市M様

ぴあぴっとHPへ

ペダル真鍮変色〜〜

底板をきれいに掃除してペダルクッションクロス等も新品に交換

古いヤマハUシリーズ。これをもう一度直して使いたい クリーニング修理もかねて細部まで点検修理したい

大きく狂っている整調の取り直し作業

磨き上げたヒンジを取り付けていきます

このペダル窓クロスも新品に交換されます

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
フレンジコード交換20000円
ブライドル交換18000円
鍵盤木口交換15000円
ハンマースティック修理16000円
鍵盤ホール調整8000円
アクション総合調整22000円
運送18000円(階段下げ)+10000円(レンタルピアノ)+12000円=40000円
税込納品時の調整調律含まれます

綺麗にはなったが溶け跡等はよく見るとわかる

マフラーも新品に張り替えました

鍵盤ナラシなくては語れないピアノライフ

音上げ

上面ナラシからの作業 ぴあの整調の基本中の基本すべてのアフタータッチはここから決まるのだ

ついに書いてしまいましたね〜〜〜〜地面に

フレンンジコードブライドルテープ等の交換作業
既に劣化してしまっているコード系これはどのピアノでもこの年数経てば同じ
ハンマー等アクションの戻りを助ける重要な役目を果たす部品
ここは無くてはならない部品。交換は30年に一度くらい

ハンマー整形ファイリング作業

フレンジコードは完全に千切れてしまっている
これでは連打性は大幅にダウン
命綱のようなアクションコードだ
30年位一度の交換で良いがブームとなってからすべてのピアノが
30年たつようになってきた

バランスキーピンの磨き作業
フロントともに綺麗に磨き上げるとタッチ感触は大きく変わるのだ

チューニングピン弦の磨きクリーニング
音のかなめでもある弦関係
綺麗に錆を取り去ります

細部掃除機では吸えないところはブロアーにて吹き飛ばします

ペダル窓につく溶け跡

パネルを分解していきます 鍵盤関係も手前鍵盤木口部分に黄ばみも進んでいる こういうところはぴあの中心部に当たるために
意外と目立つところでもあり黄ばんでいるとピアノはさらに古く感じる

ペダル窓についた溶け跡も何だか見えなくなってきましたね

部分溶け跡みたいなものがつくピアノ上前パネル

ピアノ本体バフがけ

鍵盤蓋表面の磨き

鍵盤蓋奥丸の磨き

鍵盤蓋内側ヤマハロゴもひかりぴかぴかです

外装は一度磨いてあるように見える
慎重を期さないと下地が飛び出てしまう

ピアノヒンジにつくヒンジビス関係は全て捨てて新しいものと交換します

外装パネル磨き

ピアノクリーニングに戻る

アクションのスティック修理 

ぺだる磨き 底板を取り外して分解      底板には埃がたまる

ピアノ底板分解作業

新品鍵盤木口の張り込み

点検クリーニングも含めてこれからHPで紹介します出来上がりまで楽しみに見ていてくださいませ
より一層愛着がわいてくれることを祈りながら細部にわたり見ていただきます

ヒンジはパネルから取り外して磨いたあとウレタン塗装が施されます