ヒンジは磨き塗装が施されます

ピアピットにも野イチゴの季節が来た
来週には黄色く熟したイチゴが鑑賞できる

無数に傷がついていたけん盤蓋表側も傷も落ちぴかぴかつるつるになりました

ヤマハU3Hピアノクリーニング修理 調布市A様

ペダルも磨き完了

ペダルをこのように分解することは
一般家庭ではまずない
こういう時にしかできない作業だ

何とかとれたぞ底板

ヤマハU3Hピアノ入荷しました 外装は完全に曇ってしまって艶も失っています
けん盤蓋も完全に曇ってしまっています  中身これ以外に綺麗と言えばきれい
年数からしての話ですがGOOD  意外に使い込んでいた感あり、音色はやや湿気を帯びくぐもってしまっているようでダメ
もっとタイト感あるメリハリのある音に戻します

ハンマー整形ファイリング作業元のタイト感たっぷりの音色に戻す
ファイリングの天才ナベサン 

ナベサン爺バンドで頑張る
50過ぎのおやじバンドで練習は週1回位 楽譜は全員拡大コピー

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
鍵盤木口交換15000円
ブライドルテープ交換18000円
フレンジコード交換20000円
ハンマースティック修理12000円
アクション総合調整22000円
運送千葉〜ピアピット11000円
ピアピット〜調布1F16000円
税込納品時の調整調律含まれます

貼り換えた鍵盤の側面等の加工

鍵盤バフがけ作業 けん盤表面についた指垢等傷も含めてきれいにクリーニングします

錆びたバランスキーピンの交換

ペダル窓クロス新品交換

フレンジコードループがけっ終了

底板取り付けビスも新品に交換

ペダルくみ上げ
ペダル下位置にあるクッションクロスも新品交換

ペダルクリーニング

動きからくりのかなめなところスティく修理(ジャック)
この部分が動かないと1発目音が出て2発目から音が出なくなる

古いフレンジコードをほじりだす

整形はナベサン ドキレイに剥く
びっくりだ。新品時とまったく変わらないように剥く天才

アクションの分解修理中

底板ビスは全てさび付いてしまっています

エアで細部まできれいに埃スラッジ等を吹き飛ばしていきます

みがき前のペダル窓
クロスも新品に交換されます

弦〜ピンチューニングピン等磨きクリーニング終了

ピアノを寝かして底板部分の取り外し作業

エアできれいに吹き飛ばしていきます

バス弦はまだ磨いてません

ピアノを寝かす。ねかすことによりより細部にわたりチェック点検ができます
このあたりはぴあピットならではのバラシクリーニングだ
徹底的に埃スラッジを吹き飛ばす、掃除機では吸えないところも多いので
吹き飛ばす

チューニングピン関係の磨きクリーニングブルーピン復活ですね
材質はクロムモリブデン鋼

まず白く曇った部分をバフで落としていきます
この時傷も白く曇ってしまっているので傷の有無は確認できませんが
曇りが取れ始めると下から無数の傷が表れます

けんばん蓋内側ヤマハロゴ部分のクリーニングピカピカになりました

みがき前の拍子木

白く曇ってしまっているけん盤蓋

けん盤蓋磨きクリーニング開始

鍵穴〜〜変色

鍵盤木口カット 黄色く変色した鍵盤木口を落としていきます

鍵盤木口貼りこみ

けん盤蓋をあけるとカビシミが発生

弦あたりの正確性は発音に大きく影響するところありなのだ
ピアノは常にチューンを繰り返しながら使う。おいた環境に合わせて整音するというのもある
タッチ感触はひきての指の反応を素早くハンマーに伝える、そこまでのプロセスのチューン
実際わからない人の方が多いかもしれないが、少なからずともピアピットでは最高の状態に近づけるというのが当たり前の作業になる

弦あたりの修理

ハンマースティックの修理センターピンの交換

補正しながらピン関係の交換

ハンマーの走りねじれ補正
GPでもUPでも木材のねじれ系は必ず発生する、わずかなのだが弦あたりに関係してくるところなので補正しなくてはならない

ピアノクリーニングただ外装を磨いて・・・という作業では何の意味もないものになってしまう
そうではなくて内部から音質の向上からくりの状況を見極めながら
最高にいい状態にしなくてはならないところに醍醐味がぎっしり詰まっている
からくりから正確に直していく必要がある、元の状態よりも最高にチューンナップされたものが
ユーザーとしてはほしいわけで。それにこたえなくてはならない義務があるのだ

渾身の磨きナベサン作

ペダル分解クリーニング、すべてのパーツを一度分解する
付随するフェルトクロス系も新品に交換されます

底板ビスの取り外し

真ん中ペダルのターンバックルを取り外します

みがき前のチューニングピン関係くすんでいます

アクション部分ハンマーヘッドは弦溝がザクリとついてしまっています
フレンジコード系ブライドルコード系も交換します

ヤマハU3H最後のモデルに位置するこの後U3Mと名前と値段が変わった

白くくぐもってしまっているけん盤蓋

フレンジコード交換1本1本手作業でループがけしていく
これで向こう30年は切れない

新品のコードも長さに合わせてあらかじめカットしておく

ハンマーの帰りを助ける重要なブライドルテープも交換

しっかり練習を欠かさなかった証拠でもある
素晴らしい

アクションいついたスラッジ
この汚れ埃は弾くことによりできるスラッジだ

早速入ってきたピアノを弾き始める
けん盤の動きが悪いと指摘〜音がこもるいろいろアドバイスをしてくれるのでこちらとしてもわかりやすい

外装ポイントしっかりと磨き上げる

鍵盤の動きが悪いところを指摘した伊藤先生鍵盤を上げるとけん盤軸錆発生
わずかな挙動をピアニストはやはり見逃さない。恐るべき指感覚だ

伊藤すみえ先生プロのピアニストだ
あちこちのホール演奏をこなしている。海外に10年以上留学して実力をつけた
若手ピアニスト

何とか取り外してけん盤蓋奥丸部分の磨き

ピアノけん盤蓋をつなぐヒンジビスは全てさび付き緑青が出てしまっています

ポイントヒンジはすべて取り去る。ヒンジは磨いた後必ず塗装すする
ヒンジビスは必ず新品に交換すること

磨き完了

ピアノ下前パネル

みがき、ぴかぴかになったピアノ前パネル

パネル磨きクリーニングから始まりました
ピアノ前パネル磨き
傷と汚れに覆われてしまっています

鍵盤木口は黄色く変色 ペダルも変色

けん盤を押し切る、側面には弾いた軌跡が指垢として残る
これ最高ですね

ピアノクリーニングに戻る