カワイのセンターピン交換は確実に付いて回るものと考えてよい
それが新しくても古くても同じだ。

カワイBS2A 君津市T様 ピアノクリーニング消音サイレント取り付け

ピアピットHPへ

カワイBS2Aモデル ピアピットでは相当に新しい部類に入るピアノだ
エディションモデルもこの当時からカワイが出していた。今回もう一度クリーニング再生を施して消音ユニットを搭載して新品同様にして戻します

キツキツだったホールの調整もばっちりOKだ

本日ピアノが出荷されましたが・・・・運送倉庫にて積みおろし中に傷がついたと連絡あり
傷修理も含め今もう一度お預かりになってしまいます
大変ご迷惑おかけいたしまして申し訳ございません

お見積金額
ピアノクリーニング65000円
ブライドルテープ交換18000円
ハンマースティック修理15000円
ジャック修理15000円
ウイッペン修理15000円
アクション総合調整22000円
調律11000円
消音サイレント取り付け105000円
運送18000円+18000円=36000円

チューニングピン弦関係のクリーニング終了

ピアノ前パネルの磨き作業これから入ります

向かって左側腕木に亀裂があります
腕木塗膜下の木の膨張が考えられます

比較的ピアピットでは新しモデルだったが、使い込んだ感はないピアノゆえに
アクションが動かない・・・・・・かいぜんをほどこして出荷

ABS樹脂のアクションはまたいつか支障が必ず出てくるのでその時は
フレンジ系をウッドにしましょう

カワイアクションはここが肝。湿気を吸うとたちまち動かなくなる
今現在のアクションはカーボン樹脂でできているが
この当時はABS樹脂となる最悪の場合はウッドのアクションに変更すれば
からくり系の問題は全て解決するので覚えておいてほしい

スラッジも取れたアクション

パネル写真撮り終えたらアクション取り直し作業 スティクにより動かなくなった部分を直すと
整調に大きく変化が起きるのだ、整調総合作業がピアノ搬出まで続く

1個1個アクション部品を取り外してセンターピンの交換作業なのだ
ニードリングも必ず必要となるこの作業 地道な直しが必要だ

とにかくこのBS音が出ないというより動きがすこぶる渋いセンターピンの交換作業

GPアクションのエプロン〜〜だあ

鍵盤側面についた指垢等をきれいにサンディング

鍵盤際ぞり

ウルトラ手作業の世界だ

鍵盤表面につく爪傷〜汚れ等をきれいにバフがけくりーにんぐ

ヒンジは磨いた後ウレタン塗装が施される

けん盤蓋外装パネル磨きクリーニング

バランスキーピン磨き

消音ユニットサイレンサーシステムの取り付け けん盤センサー〜ペダルセンサーとハイテクの極みが装備される
このモデルNEWモデルだ。5月連休明けにフルモデルチェンジを果たしたマジックスター

最近ますますネット系の勧誘がたくさん来ますね、たとえばピアノ修理と検索をかけると1ページ目に出るようにということらしい
ええっ??あそこは有料ページだということは全く知らなかった。もしくはアクセスが多いところが載るんです、ということ
99%有料ページらしく、載せるのにも7万円〜18万円もかかる、載せるにもそげなお金もないピアピット
それならばピアピットのページに広告を載せれば誰かがクリックするだけでお金が入りますよ・・・とのこと
ピアピット的には子供も見ているHPあまり変なところへジャンプしても困るしということでどちらも丁重にお断りすることに
HP仕掛けるHPじゃないと商売できませんよ。と言われたが。ここはそげなお金もないし、好きなことを好きなようにやっている輩でして
見てくださったお客様に本当に感謝してます。すべてをありのままにがモットウで商戦は苦手でやんす

最近のネット事情

アクションのスラッジ等もきれいに取れてピカピカになりました

ピアノ本体クリーニング準備

やや変色しているチューニングピンメッキピン関係

アクション系は動きが悪く長いことほっておかれた感あり 弦は錆がはいり始めている

ピアノ裏側もカビシミ等きれいにクリーニング

ピアノ裏側のクリーニング作業 埃がたまる裏側

ほとんど完成

ペダルくみ上げ

ペダル窓クロスも新品に交換されました

弦さび始めたげんのクリーニング作業

根こそぎ磨き上げるのだ

ペダル磨きクリーニング

飾り窓のクリーニング

光始めたペダル窓飾り部分

クリーニング前のペダル窓飾り部分

飾り窓もさび始めている

表面くりあーを落として磨いていく

ペダルのぶつぶつ、河合だけこの部分にクリアーが塗装されているので錆ると全くお手上げになる

ぺだる部取り外し

ペダル分解作業

ハンマー整形ファイリング作業

今の新しいモデルはこのようにネズミ返しがついている
そのぐらいネズミ害が多かった(昔)

底板を止めているビスは全てさび付いてしまっています
これらも新品に交換されます

ピアノ本体を寝かして底板関係の取り外し作業

アクション整形ファイリング

けん盤下は埃がたまっていますキーピンは変色

光始めたチューニングピンとプレッシャーバー

アクションもスラッジや汚れが入り込んでいる

チューニングピン関係からの磨き作業だ

ピアノクリーニングに戻る