ビクターピアノ 白井市N様ピアノクリーニング&修理
ビクターピアノです、かなり湿気が多く、既にさびで断線箇所あり
音も出ないところも多く修理が必要な状態
ビクター、そうですあの有名なビクターがアトラス社に作らせていたモデル
弦が切れています
湿気がひどくハンマーも動かないところ多々あり
さび発生
バランスキーピンも磨きで出来る所は磨くことが出来ますが、それよりひどい錆びは交換となります
30年以上経っていますのでやはり虫食いもありいい状態ではありません
クリーニングと修理を施すことにより、もう一度新品時のレスポンスを取り戻すことが出来ます
かなりさびが進んだ鍵穴
錆びたバランスキーピン
弦にも赤錆が見えます
口棒はずし
やはりさび付いて回らない
ハンマーでビス頭をたたきながら抜きます
途中でこのように折れてしまいます
鍵盤もはずし棚板を掃除、それからまずはバランスキーピン磨き
ピアノのヒンジ等も取り外します
弦磨き開始
とにかくさびが強烈ユックリとサビを落としていきます
チューニングピンのさびを落とします
鍵盤バフがけ作業
鍵盤の上面に付いた細かい傷汚れ等を強力なバフで落とします
ハンマー整形ファイリング作業
磨きこまれたピンと弦
ビクターピアノがもう一度生まれまわります、
ざっくりと付いた弦溝
これでは音がぼけてしまいます
クリーニングに戻る
整形ファイリング作業
この作業で大きくハンマー形状も元の状態に戻り
正確な打弦点を確保できます
ペダル窓クロスも交換され
ぺだるも綺麗に修理クリーニング
そして装着
ブライドルテープの交換作業
ぺだるドンピカになる。やはり綺麗だと引き締まりますね
変色したペダルの磨き
蚊に刺された
ブライドルテープ。ハンマーを引き戻す役目の大切なところ
何度でも磨くことが出来るのは
ブラスならではのこと
ペダル分解作業
けん盤蓋上面と内側
無数の傷に覆われています大きなうち傷が3箇所あり
前パネルに横にひいたような傷が付いている
果たして取れるか微妙なところ
見事綺麗に取れた
鍵穴周辺の磨き
ぴかぴかに変身した
鍵穴周辺
ビクターピアノ、ロゴも新品同様になりました
アクション調整とブライドルテープ交換
ハンマースティックの修理
外装ともども綺麗なほうが気持ちよし
ビクターのヒンジもはずし磨き、再塗装を施します
口棒の折れたビスを抜き穴をウメキして