ヤマハU7  ピアノクリーニング&修理 大阪N様
ヤマハピアノクリーニングU7
既に40年たつ名器、さすがにいくら名器であれ年数の経過には勝てない
もう一度この時期でクリーニングと修理を施せばまた快適にお使いになれる、
メッセージしかと承りました
気持ちが込められ大変勇気つけられます
外装やや色やけあり
象牙黄ばみありですがこれまたひどい黄ばみではなく良好
天気もよし象牙漂白にはもってこいの日和となりました
義治氏頭が漂白されるか焼けてしまいますよ
象牙は過酸化水素水で漂白していきます
すっかり変色したバランスキーピンとフロントキーピン
アクションを止めているアクションボルト
こういうところも磨いておきたくなる
、マフラーのガイドもこの際磨いてしまえ
ピアノを寝かして底板分解作業開始
あまりの暑さで義治氏うれしそうですね、ペダル底板カビ〜しみで覆われてしまっています
弦磨きとペダル分解作業
頭が焼けるぞよっちゃん
磨き前のチューニングピン
底板からペダル等の部品を全て取り去りクリーニング
湿気があがらないように塗装〜〜
弦とピンを磨いていきます
ペダル磨き完了
細部の細かいところは手磨きの世界
真ん中ペダル裏側にあるスキンも新品に交換
ペダル下のクッションも新品に交換
バランスキーピンの磨き
ジミーナ作業
地味すぎて眠くなるのだ
えらいよっちゃん〜〜がんばったね〜
貼るのは私がやるわ
ピン弦も磨かれ綺麗になりました
ペダル窓クロス交換
ペダル窓クロスの交換これによりペダリングがよりスムーズになります
細かいスラッジほこりを吹き飛ばす
底板のビスは全て新品に交換されます
クリーニングに戻る
インパクトでしっかり止めることが大切
お見積もり金額
ピアノクリーニング65000円
フレンンジコード交換20000円
ブライドルテープ交換18000円
象牙漂白ポリッシング30000円
ハンマーステック修理20000円
調律(狂い大)22000円
運送別
納品時の調整調律も含まれています
手磨きの世界ジミーナ世界
バランスフロントキーピン磨き
弦~ピン磨きも順調に作業がすすンでいますね
よっちゃん頭が焼けてるで〜〜〜
義治氏子供8人の大家族、
8人!!毎日戦争状態で前線にいるみたいだ、と、
ご存知エリア51
これが一応看板
ズイーっト奥がトイレでございます
今、フクチャンがやっている木目のないピアノを木目にエイジング
まさにプロ業、誰が見ても木目でなくてはならない、木目に近いではダメなんですね、さすが塗装技師、

このお客さんどれだけお金をかけるのか!!ざっと色つくりだけで安いピアノが買える、
張り替えられたマフラーフェルト
このマフラーフェルト最初からまったく別の用途に使われるところのフェルトが張り込まれていた、これでは真ん中のペダルを踏むと低音部まったく音が出なかったに違いない
フェルトの厚さがとんでもない厚いものだった、このフェルトはアンダーとして使うフェルトで
弱音用のフェルトではないのだ、恐らく間違えて40年前に張り込まれたのだろう
ブライドルテープの交換
ハンマーの戻りを助けるところ
ペダル終了
昨日に続きヨッチャン張り切る
昨日の直射日光一撃で懲りたのか今日はタオルを巻く、
U7ピアノ2台分の象牙漂白2日目
アクション細部にわたり
スラッジ等を取り除く
義治氏 プロフィール、子供8人の父、幼い頃から東京育ち
恵まれた環境で育つ、幼少時代からGPを持ちピアノレッスン
ヤマハテクニカルアカデミー卒業~ヤマハ技術者としてがんばる
同時にバンド活動にも熱が入る。日本ピアノ調律師協会の試験場でナベサンと出会いそのままピアピットに居つく、A型細かいのがすき
体系はO形、肥満、メタボン、・・・・・ピアピットの要柱だ
結構うるさ型自分が納得行かないモンは認めない、
修理には最適の人材だ、
アクション系を分解し修理に取り組む
ジャックが抜けている
接着きれ
ペダルを踏み込むと音が伸びますね、その大元のダンパーロッド
まさに隠れた部品アクションの下に位置するので覗き込んでも見えない
この部品もペダリング時のスムーズな動きに関連してくるために綺麗に磨いておきたい部品だ
ハンマー整形ファイリング、この時点で音は大きく変化する
ファイリングに慣れていない調律師が整形を行うと最悪な結果になる
このピアノはピアピット売り物のU7外装はカスタマイズブラウンソースサンバースト
そのままの色でも良かったんですがそれじゃあ面白くない。こんないろもかっちょいい
ハンマースティック直しとニードリング
シャンクにカビ発生、カビが嫌いな義治氏
パネルの裏側はカビ!!!!
鍵盤押さえフェルトは虫くい
精密な整調が始まります
アクションの動きがすこぶる悪く
治しながらそりかえっているシャンクを補正していきます