ヤマハU5  ピアノクリーニングと修理  町田市T様
入荷しましたヤマハU5 大きなうち傷はなく良好、実に良好。外装がこれだけの年数を経てきているのに
うち傷がないのは最高にいいコンディションと言ってもいい
色やけあせはあるもの別に気にならなければ
何の問題もない
この部分一箇所つき板のわれが発生
年数が着ているので当然ややくすみ関係はあるヒンジ〜鍵穴周辺
内側は譜面台のすり傷
ペダル、年数相応のペダルブラスでできているために年数がたてば必ずこうなる
めっきピンの曇り
向かって左側のほうが右側に比べてやや色が違う
ハンマーもざっくり弦溝がつき音はこもった状態に陥るこの時点でフレンジコード等が切れまくっているので発音的には完全に支障が出ている
いす、このいすはかなりいけてないが何とか使えるので何とか使いたい、買い換えちゃうのはもったいない
何とかしよう
奥の窓のところで万歳しているのが飯本さん
来年からここも工房になります
曇ってしまっているピンと弦
ここは発音のおおもと
できるだけきれいにしておいたほうがいいのだ
ナベサンが磨いた弦とピン関係、さっきまで外装磨いていたんですが
何の風向きかおもむろに磨き始めた
左側が磨き前の弦とプレッシャーバー右側が磨いた後
クリーニングに戻る
鍵盤の下はホコリがたまっています
やや虫食いあり
鍵盤はがし作業
アイロンで暖め鍵盤をはがしていきます
熱蒸気が鍵盤ブッシングに伝わらないように注意します
まだまだ5000パーツあるので書ききれないが、意外に安いんだ、ということが解っていただけたでしょうか。
いかに正確に精密に組み上げること、そこに料金が発生するわけで、へたにつけても美味くつけても10000円ですといわれたら
払うしかありません。用はどれだけの技量で正確に綺麗に取り付けられるかということでしょうかね、
これら全て大体数百円にて手に入れることが出来る、
ヤマハ用フレンジコード
クリーニングのページでヤマハのピアノは良く交換されているのが見れる
4〜5台貼れる巻き物600円だ

交換料金は20000円〜5万と各店に
より異なる
ブライドルテープ、ハンマーバックチェックについていてハンマーの戻りを助ける役目一台分1500円
ピアノバランスキーピン1台分88本1200円
カワイ用アクリル鍵盤、一台分2500円     鍵盤手前の長さが52ミリがヤマハ、50ミリがカワイというように鍵盤が出来ている
それを一枚一枚貼っていくのだが、結構手間なのだ、綺麗に貼るそして鍵盤を本体にもどす、だけではなく削り込み作業が一番大変なのだ、
一台分交換で25000円〜50000円と大きく店により異なる
今鍵盤のブッシングを交換しているのがこれだ〜
貼り方次第で大きく変わる、恐ろしいくらいにナーバスな所なのだ
へたに貼ったらそりゃもうもうもう後貼った人間が一番苦労する所だ、
熟練を要する
レンナー製ブッシングクロス  巻き10メートル6000円
カシミヤのGOODなクロスだ、国産は目茶安いがケバだってダメ
意外に安いピアノのパーツ!!ピアノは直すと高い、しかしほとんどが技術料だということ、値段は各店によりさまざま、精度もさまざま
根本的な原価はいくらなのか、いつか役に立つので紹介しておこう、というより知るべきだと思う
ハンマー整形ファイリング作業
ヤマハU5アクション分解作業
ハンマーを並べてファイリングする
ハンマーをアクションにとりつけた状態でファイリングをするとでこぼこになりそろわないのと
フレンジ部分を傷めてしまう危険性がある
はんまー整形は音色に大きく影響するところ、下手なファイリングは音もすこぶる悪くなるので絶対にベテランでないといけない作業だ。
今回はナベサン自らのファイリング
ピアノを寝かして底板を取り外す分解作業
はずされたペダル底板部分
カビがしみになってしまっています
ペダル等の部品をすべて取り外してのクリーニング修理作業
ペダルの磨き
磨き前のペダルと磨いた後のペダル
底板部分についたカビしみもきれいにしたい
サンダーできれいにカビしみ等をサンディング 拭いたくらいでは到底取れないカビしみ
ペダル窓クロスの交換作業古くなったクッションクロスフェルトを新品に交換します
ペダリング時の雑音も大幅に軽減します
スムーズなふみ心地が復活します
ペダル装着
ワイアー磨き作業と鍵盤下の汚れカビしみ等の削除
後藤さんアクションの動きのチェックと
フレンジコードブライドルテープ等の交換の準備
鍵盤下もホコリが湿気を呼び込みしみになってしまっていますこれらもきれいに削除していきます
光り輝くペダル
いつもこのようにきれいに保持するためにはホームセンターでピカールをお買いくださいませ
2週間に1度磨くと半永久にこの輝きが保てます
さび付いたバランスキーピンとフロントキーピン
変色している
せっせと磨くこのセクションは機械やらなんやらいろいろ試しては見たが手作業もきれいさには届かない
いまだにうるとら手作業の世界
きれいなバランスキーピン
鍵盤のバランスをつかさどる大切なところ
できばえをチェック
ハンマーブライドルの交換
新品のブライドルテープ
フレンジコードは作業のあいた人間が内職作業のようにくるくる巻きつけてカットしてためていきます
ピアノパネルクリーニング
ヒンジミガキ、ヤマハのヒンジは塗装がされている一度塗装をきれいに落としさびをとりさりまた再塗装する、
今日はみんなU5に集中、進む進む!ほかのピアノは今部品待ちとか塗装乾燥待ちとかでぽかんとあいた、ラッキーなU5だ
虫食いパンチングの交換
鍵穴周辺もきれいにクリーニング
ハンマーが取り付きました
交換されたフレンジコード
ブライドルの交換
ピアノ本体の裏側もきれいにクリーニング
磨いてさらに塗装が施されます
細部にわたり点検を繰り返す
部品交換も終了、ピアノのパーツ鍵盤系が在庫切れで待ち
塗装されたヒンジを鍵盤ふたに取り付けていきます
ヒンジをとめるビスは新品にすべて交換されます
各メーカー穴の位置が違うのでヤマハならそれようにあり
河合ならそれようにある。
ヒンジこのようなヒンジは磨くのではなく交換してしまいます
磨く手間を考えたら新品に交換したほうが早い
いくつか入って1050円なり1個190円です
鍵盤が入荷,鍵盤貼りこみ治具にて圧着しながら鍵盤を貼り込んでいく
鍵盤削り込み作業この作業が一番きつい作業だと思う雑に削り込めば最悪のピアノライフとなってしまうところだ
丁寧に削り込むこれだけ!!
ピアノ整調作業開始 ピアノが動く大本の基本的作動状態をコントロールする
とてもとても大切な作業、地味な作業なのだが調律師冥利に尽きる作業なのだ
じっくり時間をかける作業なのだ
お見積もり金額
ピアノクリーニング65000円
鍵盤アクリル総張替え25000円
ブライドルテープ交換18000円
フレンジコード交換20000円
調律15000円

運送18000円プラス16000円
合計177000円

以上納品後の調律調整含まれます
いすの補修と塗装