ヤマハU3M  ピアノクリーニング&修理  つくば市S様
ヤマハU3M 外装汚れのひどさがすごい、それと妻土台とペダル窓割れひび発生
腕木にナゼカ、塗装を塗った跡が。腕木も傷がわからないぐらい
汚れているクリーニングでかなりきれいにはなりそうだが

いかんせん下地が汚れで解らず磨いてみないと傷の判別が難しい
天屋根を開けるとカビ発生、このカビがあると虫食いの可能性が高いのだ
まずはまくりの磨きからはじめてみます
バフがけ
奥まるの磨き
磨いたU3Mの奥まる
ヤマハのロゴもさびている
けん盤蓋表の汚れ
とにかく必死で磨きこむ
内側ヤマハのロゴも光り始めました
傷も取れたが
打ち傷3つ浮き出てくる
ここはタッチペイントでOKか
内側もきれいになりました
光るヤマハロゴ文字
内部に移ります
なんとやはり虫食いあり
鍵盤押さえのフェルト部分に虫がつき
食い荒らした緑色の粉・・・・・・・
鍵盤ブッシングクロスもやや食われている
バランスパンチングクロスも虫に食われてしまっています・
ピアノ底板ビスも完全にさび付いています
途中で折れた箇所あり
虫に食われたペダル窓クロス
ペダルクッションも虫に食われてしまっています
新品に交換されたペダル窓クロス
クリーニングに戻る
お見積もり金額
ピアノクリーニング65000円
フレンジコード交換20000円
ブライドルテープ交換18000円
鍵盤木口交換15000円
調律20000円
バランスパンチングクロス交換5000円
鍵盤ブッシングクロス部分交換17000円
運送別
鍵盤バフがけ作業
1本1本鍵盤上面に着いたつめ傷を削除していきます
鍵盤木口の交換
木村君フェンダーのギターを買う、しかし弾けない、宝の持ち腐れにならぬよう真剣にレッスン
アクション部の修理
フレンンジコード交換とブライドルテープ交換等
ブライドルテープの交換〜弦磨き作業
フレンジコードの交換作業
1本1本交換していく
、ハンマー整形作業、
フレンジコードブライドルテープ
と両方、ハンマーの戻りを助ける重要な役目のところだ、
ハンマー整形もばっちり決まる
この部分の交換でタッチの感触は一変するのだ
鍵盤バランスホール調整、UPピアノでまずここからの作業が基本だ
虫食いのバランスパンチングクロスの交換
天屋根の汚れと傷
U3M下前パネルの傷と汚れ
ぴかぴかになった下前パネル
ヤマハUPに限って経年変化で交換しなければならない部品が出てくるわけですが
こら変中心が30年選手で多いところだ
これから先30年には今度はハンマー〜など弦などと交換しなければならないところが出てくるが、それもまだ30年先と考えてよい、もちろん使用頻度によって大きく異なる
クラシカルな楽器がゆえに消耗するところは多い

これからのユーザーは自分のピアノの部品の値段を知らなければならない
これを頭に入れておくと楽しくピアノが思い切り楽しめるのだ
ダンパーフェルトの交換、一応上に書かれた部品の金額、びっくりしたことと思います、中にはやや高めの部品も沢山ありますが
消耗品パーツは比較的リーズナブルなわけです。
まだまだ5000パーツあるので書ききれないが、意外に安いんだ、ということが解っていただけたでしょうか。
いかに正確に精密に組み上げること、そこに料金が発生するわけで、へたにつけても美味くつけても10000円ですといわれたら
払うしかありません。用はどれだけの技量で正確に綺麗に取り付けられるかということでしょうかね、
アクチョンバット部アッセンブリ88個20000円前後
4,5のクロス500円前後
ヤマハピアノ用フレンジコード、
よくクリーニングページで交換しているやつです。
4〜5台分で600円
ヤマハゴムボタン800円
ゴムボタン10個いりで350円
3ミリフェルト350円
ヤマハ用鍵盤木口1台分1800円
ブライドルテープ、ハンマーバックチェックについていてハンマーの戻りを助ける役目一台分1500円
ピアノバランスキーピン1台分88本1200円
レンナー製ブッシングクロス  巻き10メートル6000円
カシミヤのGOODなクロスだ、国産は目茶安いがケバだってダメ
カワイ用アクリル鍵盤、一台分2500円     鍵盤手前の長さが52ミリがヤマハ、50ミリがカワイというように鍵盤が出来ている
それを一枚一枚貼っていくのだが、結構手間なのだ、綺麗に貼るそして鍵盤を本体にもどす、だけではなく削り込み作業が一番大変なのだ、
一台分交換で25000円〜50000円と大きく店により異なる
意外に安いピアノのパーツ、
ピアノの修理は高い!しかしパーツはものすごく安い、一般の人にはわからない
知るよしもない。ここで紹介しよう、実は凄く安いのだ、
ほとんど工賃か、技術料ということを知っておこう
虫食い部分のブッシング張替え